Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パガン島(Pagan Island)はマリアナ諸島にある島。アメリカ合衆国の自治領(コモンウェルス)北マリアナ諸島に属する。サイパン島の北約320kmの北緯18度10分、東経145度46分に位置する。北63kmにアグリハン島、南50kmにアラマガン島がある。面積は約48km2で北部諸島(サイパン島より北の島)で最大である。パガンとはスペイン語paganoから派生したチャモロ語で「異教、異教徒」という意味。2つの火山から構成され、北東部に標高570mのパガン山、南西部に4つの火口を持つ548mの高地状の無名峰(通称クタキヤシまたは丸山、ツルギ山)があり、その間が溶岩起因の地峡部からなる。北東から南西方向が16km、地峡部は細い部分では幅500m程度である。火山学ではパガン山を「北パガン」(North Pagan)、南西峰を「南パガン」(South Pagan)と呼ぶこともある。北東部のパガン山は現在も活動的で、最近では1981年に大規模な噴火があり溶岩を噴出、それ以来断続的に噴火を繰り返しており、1993年にも比較的大きな噴火があった。南西峰は1864年の噴火以降、大規模な活動は認められない。パガン山西方には湖が2つあり、そのうちの一つラグナ湖の北岸には温泉(硫黄泉)が湧出していた。2006年12月5〜8日に北パガンからの火山灰や火山ガスの小規模の噴出が人工衛星により確認されたが、被害は報告されていない。平地は野原の部分もあるが、多くの部分は椰子類、松類などの森林が発達している。古くから人が暮らしていたため、持ち込まれた動植物によって生態系は大きな影響を受けている。山羊、豚、牛等の家畜が野生化しており、牛が数百頭まで繁殖している。1981年の噴火で住民53人が島から避難。多くが現在も島から離れて暮らしている。2005年6月時点で約20人が、北西部のバンダラ集落(Bandara Village)一か所で生活している。(2008年5月時点では2名)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 181044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56093891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:島名
  • パガン島
prop-ja:標高
  • 570 (xsd:integer)
prop-ja:海域
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:諸島
prop-ja:面積
  • 48 (xsd:integer)
dcterms:subject
georss:point
  • 18.133333333333333 145.8
rdf:type
rdfs:comment
  • パガン島(Pagan Island)はマリアナ諸島にある島。アメリカ合衆国の自治領(コモンウェルス)北マリアナ諸島に属する。サイパン島の北約320kmの北緯18度10分、東経145度46分に位置する。北63kmにアグリハン島、南50kmにアラマガン島がある。面積は約48km2で北部諸島(サイパン島より北の島)で最大である。パガンとはスペイン語paganoから派生したチャモロ語で「異教、異教徒」という意味。2つの火山から構成され、北東部に標高570mのパガン山、南西部に4つの火口を持つ548mの高地状の無名峰(通称クタキヤシまたは丸山、ツルギ山)があり、その間が溶岩起因の地峡部からなる。北東から南西方向が16km、地峡部は細い部分では幅500m程度である。火山学ではパガン山を「北パガン」(North Pagan)、南西峰を「南パガン」(South Pagan)と呼ぶこともある。北東部のパガン山は現在も活動的で、最近では1981年に大規模な噴火があり溶岩を噴出、それ以来断続的に噴火を繰り返しており、1993年にも比較的大きな噴火があった。南西峰は1864年の噴火以降、大規模な活動は認められない。パガン山西方には湖が2つあり、そのうちの一つラグナ湖の北岸には温泉(硫黄泉)が湧出していた。2006年12月5〜8日に北パガンからの火山灰や火山ガスの小規模の噴出が人工衛星により確認されたが、被害は報告されていない。平地は野原の部分もあるが、多くの部分は椰子類、松類などの森林が発達している。古くから人が暮らしていたため、持ち込まれた動植物によって生態系は大きな影響を受けている。山羊、豚、牛等の家畜が野生化しており、牛が数百頭まで繁殖している。1981年の噴火で住民53人が島から避難。多くが現在も島から離れて暮らしている。2005年6月時点で約20人が、北西部のバンダラ集落(Bandara Village)一か所で生活している。(2008年5月時点では2名)
rdfs:label
  • パガン島
owl:sameAs
geo:lat
  • 18.133333 (xsd:float)
geo:long
  • 145.800003 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of