Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パウル・グルダ(Paul Gulda, 1961年10月25日 ウィーン - )はオーストリアのピアニスト・作曲家・指揮者。ピアニスト、フリードリヒ・グルダの長男として生まれ、父親からピアノの手ほどきを受ける。そのほかにローラント・バティック、レオニード・ブルンベルク、ルドルフ・ゼルキンに師事。音楽高等学校在籍中は、ピアノ演奏のかたわら、フルートやクラリネットも習得した。1995年から作曲活動にも着手し、フランツ・クサーヴァー・クレッツやヨハン・ネストロイらの戯曲のために舞台音楽を手懸ける。1997年には指揮者としてもデビューした。高名な指揮者や有名なオーケストラと共演して、協奏曲の独奏者を務めるかたわら、さまざまな企画に献身している。最も有名な例の一つが、クラシックの演奏家がロマの楽団と共演するという趣向の「ジプシー風ハイドン "Haydn alla Zingarese" 」である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1087476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46786849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パウル・グルダ(Paul Gulda, 1961年10月25日 ウィーン - )はオーストリアのピアニスト・作曲家・指揮者。ピアニスト、フリードリヒ・グルダの長男として生まれ、父親からピアノの手ほどきを受ける。そのほかにローラント・バティック、レオニード・ブルンベルク、ルドルフ・ゼルキンに師事。音楽高等学校在籍中は、ピアノ演奏のかたわら、フルートやクラリネットも習得した。1995年から作曲活動にも着手し、フランツ・クサーヴァー・クレッツやヨハン・ネストロイらの戯曲のために舞台音楽を手懸ける。1997年には指揮者としてもデビューした。高名な指揮者や有名なオーケストラと共演して、協奏曲の独奏者を務めるかたわら、さまざまな企画に献身している。最も有名な例の一つが、クラシックの演奏家がロマの楽団と共演するという趣向の「ジプシー風ハイドン "Haydn alla Zingarese" 」である。
rdfs:label
  • パウル・グルダ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of