Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『パイドン』(パイドーン、古希: Φαίδων、英: Phaedo)は、プラトンの中期対話篇。副題は「魂の不死について」。『ファイドン』とも。『メノン』に続いて想起説(アナムネーシス)が取り上げられる他、イデア論が初めて登場する重要な哲学書である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 334538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58079052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --11-21
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『パイドン』(パイドーン、古希: Φαίδων、英: Phaedo)は、プラトンの中期対話篇。副題は「魂の不死について」。『ファイドン』とも。『メノン』に続いて想起説(アナムネーシス)が取り上げられる他、イデア論が初めて登場する重要な哲学書である。
rdfs:label
  • パイドン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of