Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バーチャルヒューマン(英語: virtual human)もしくはデジタルクローン(英語: digital clone)とはコンピュータで生成された画像や音響を使って人間を再現する方法で、実際の俳優と区別ができない場合が多い。初めて採用されたのは1981年の映画「ルッカー」で人間をデジタルスキャンして3Dコンピュータ生成したモデルが登場した。その後、TVコマーシャルでモデルがアニメーションで登場した。パット・キャディガンの1992年出版の「Fools」とマーク・レイナーの「Et Tu Babe」でもこのコンセプトが使用されている。通常、映画に登場するバーチャルヒューマンは「シンセスピアン」「バーチャル俳優」「バクター」「サイバースター」「"silicentric" actors」と称される。実際の俳優をデジタルクローンすることに際し著作権や肖像権に関する法的問題が複数存在する。シミュレーションとしてデジタルクローンされた著名人にはビル・クリントン、マリリン・モンロー、フレッド・アステア、エド・サリバン、エルヴィス・プレスリー、ブルース・リー、オードリー・ヘップバーン、アンナ=マリー・ゴダード、ジョージ・バーンズがいる。皮肉にもアーノルド・シュワルツェネッガーのデータセットはバーチャルアンドロイド(少なくとも頭部)を製作するために既に作成されている。マーク・レイナーが1992年に出版した「Et Tu Babe」では「シュワルツェネッガリゼーション(Schwarzeneggerization)」という名称が使われていて、50–51ページに登場人物がビデオショップで従業員にレインマン(ダスティン・ホフマンとトム・クルーズの代替)、マイ・フェア・レディ(レックス・ハリソンの代替)、アマデウス(F・マーリー・エイブラハムの代替)、アンネの日記(アンネ・フランクの代替)、ガンジー(ベン・キングズレーの代替)、素晴らしき哉、人生!(ジェームズ・ステュアート)といった複数の作品での出演者をアンドロイドのシュワルツネッガーに変えることが出来ないか尋ねるシーンが有る。シュワルツェネッガリゼーションはレイナーがこの過程のために命名した呼称であるが、その後わずか10年足らずでシュワルツェネッガリゼーションは現実との差を埋めつつある。2002年、シュワルツネッガー、ジム・キャリー、ケイト・マルグルー、ミシェル・ファイファー、デンゼル・ワシントン、ジリアン・アンダーソン、デイヴィッド・ドゥカヴニーの頭部をレーザースキャンしてのコンピュータモデルが製作された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3223410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59182555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バーチャルヒューマン(英語: virtual human)もしくはデジタルクローン(英語: digital clone)とはコンピュータで生成された画像や音響を使って人間を再現する方法で、実際の俳優と区別ができない場合が多い。初めて採用されたのは1981年の映画「ルッカー」で人間をデジタルスキャンして3Dコンピュータ生成したモデルが登場した。その後、TVコマーシャルでモデルがアニメーションで登場した。パット・キャディガンの1992年出版の「Fools」とマーク・レイナーの「Et Tu Babe」でもこのコンセプトが使用されている。通常、映画に登場するバーチャルヒューマンは「シンセスピアン」「バーチャル俳優」「バクター」「サイバースター」「"silicentric" actors」と称される。実際の俳優をデジタルクローンすることに際し著作権や肖像権に関する法的問題が複数存在する。シミュレーションとしてデジタルクローンされた著名人にはビル・クリントン、マリリン・モンロー、フレッド・アステア、エド・サリバン、エルヴィス・プレスリー、ブルース・リー、オードリー・ヘップバーン、アンナ=マリー・ゴダード、ジョージ・バーンズがいる。皮肉にもアーノルド・シュワルツェネッガーのデータセットはバーチャルアンドロイド(少なくとも頭部)を製作するために既に作成されている。マーク・レイナーが1992年に出版した「Et Tu Babe」では「シュワルツェネッガリゼーション(Schwarzeneggerization)」という名称が使われていて、50–51ページに登場人物がビデオショップで従業員にレインマン(ダスティン・ホフマンとトム・クルーズの代替)、マイ・フェア・レディ(レックス・ハリソンの代替)、アマデウス(F・マーリー・エイブラハムの代替)、アンネの日記(アンネ・フランクの代替)、ガンジー(ベン・キングズレーの代替)、素晴らしき哉、人生!(ジェームズ・ステュアート)といった複数の作品での出演者をアンドロイドのシュワルツネッガーに変えることが出来ないか尋ねるシーンが有る。シュワルツェネッガリゼーションはレイナーがこの過程のために命名した呼称であるが、その後わずか10年足らずでシュワルツェネッガリゼーションは現実との差を埋めつつある。2002年、シュワルツネッガー、ジム・キャリー、ケイト・マルグルー、ミシェル・ファイファー、デンゼル・ワシントン、ジリアン・アンダーソン、デイヴィッド・ドゥカヴニーの頭部をレーザースキャンしてのコンピュータモデルが製作された。
rdfs:label
  • バーチャル俳優
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of