Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バローゾ委員会(バローゾいいんかい)とは、ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾを委員長とする欧州委員会。バローゾを含め、委員には欧州連合の加盟各国から1名ずつが出されている。2010年2月10日には第2次バローゾ委員会が発足した。2004年11月22日に発足した第1次バローゾ委員会は2009年10月31日を任期満了日としていた。ところが2009年9月16日に欧州議会はバローゾの委員長再任を承認したものの、欧州連合の既存の基本条約を修正するリスボン条約の発効が間に合わなかったため、第1次バローゾ委員会が引き続き、第2次委員会の発足まで暫定委員会として日常的な業務のみを行なっていた。第2次バローゾ委員会は2010年2月9日に欧州議会の承認を受け、本来の任期開始日よりおよそ3か月遅れの2010年2月10日に発足することとなった。第2次バローゾ委員会は2014年10月31日までの任期を務めることになっている。バローゾは当初「最小公分母」という前評判を受けていたが、提出した委員会人事案によりバローゾは一定の評価を得た。ただしこの人事案は欧州議会におって否決され、再考を余儀なくされた。2007年にはルーマニアとブルガリアが欧州連合に加盟したことを受けて、2名の委員を加えた。バローゾの委員会運営は従来の委員長と比べると、委員長の主体性の強さが目立つものとなっている。第1次委員会の任期中にバローゾ委員会では REACHやボルケシュタイン指令が成立している。またバローゾ体制では委員もまた政治性が強まり、欧州委員会の職員も経済自由主義の色彩が濃くなった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1206983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57680350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バローゾ委員会(バローゾいいんかい)とは、ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾを委員長とする欧州委員会。バローゾを含め、委員には欧州連合の加盟各国から1名ずつが出されている。2010年2月10日には第2次バローゾ委員会が発足した。2004年11月22日に発足した第1次バローゾ委員会は2009年10月31日を任期満了日としていた。ところが2009年9月16日に欧州議会はバローゾの委員長再任を承認したものの、欧州連合の既存の基本条約を修正するリスボン条約の発効が間に合わなかったため、第1次バローゾ委員会が引き続き、第2次委員会の発足まで暫定委員会として日常的な業務のみを行なっていた。第2次バローゾ委員会は2010年2月9日に欧州議会の承認を受け、本来の任期開始日よりおよそ3か月遅れの2010年2月10日に発足することとなった。第2次バローゾ委員会は2014年10月31日までの任期を務めることになっている。バローゾは当初「最小公分母」という前評判を受けていたが、提出した委員会人事案によりバローゾは一定の評価を得た。ただしこの人事案は欧州議会におって否決され、再考を余儀なくされた。2007年にはルーマニアとブルガリアが欧州連合に加盟したことを受けて、2名の委員を加えた。バローゾの委員会運営は従来の委員長と比べると、委員長の主体性の強さが目立つものとなっている。第1次委員会の任期中にバローゾ委員会では REACHやボルケシュタイン指令が成立している。またバローゾ体制では委員もまた政治性が強まり、欧州委員会の職員も経済自由主義の色彩が濃くなった。
rdfs:label
  • バローゾ委員会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:内閣 of
is foaf:primaryTopic of