Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バロック・ヴァイオリン(baroque violin)は、ネック、指板、駒、テイルピースがバロック時代の形状のヴァイオリン。人により様々な定義があるものの、「バロック・ヴァイオリン」といえば、バロック時代に製作されモダン・ヴァイオリンに改造されていないもの、又は現代におけるそれらの複製、もしくは古い楽器をバロック様式に改造あるいは再改造したもののいずれかを指す。モダン・ヴァイオリンとは、現代に製作されたヴァイオリン、もしくは現代の形状になる前の時代のヴァイオリンを、現代の形状に改造したものを指す。バロック時代に製作されたバロック・ヴァイオリンにも、その性能が大劇場、大音量といったロマン派以降の音楽文化に比較的対応可能だったために、モダン・ヴァイオリンに改造されたものも多い。アントニオ・ストラディバリの楽器などもこれに含まれる。古典派時代の形状のヴァイオリンはクラシカル・ヴァイオリンと呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1060064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2021 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58075606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バロック・ヴァイオリン(baroque violin)は、ネック、指板、駒、テイルピースがバロック時代の形状のヴァイオリン。人により様々な定義があるものの、「バロック・ヴァイオリン」といえば、バロック時代に製作されモダン・ヴァイオリンに改造されていないもの、又は現代におけるそれらの複製、もしくは古い楽器をバロック様式に改造あるいは再改造したもののいずれかを指す。モダン・ヴァイオリンとは、現代に製作されたヴァイオリン、もしくは現代の形状になる前の時代のヴァイオリンを、現代の形状に改造したものを指す。バロック時代に製作されたバロック・ヴァイオリンにも、その性能が大劇場、大音量といったロマン派以降の音楽文化に比較的対応可能だったために、モダン・ヴァイオリンに改造されたものも多い。アントニオ・ストラディバリの楽器などもこれに含まれる。古典派時代の形状のヴァイオリンはクラシカル・ヴァイオリンと呼ばれる。
rdfs:label
  • バロック・ヴァイオリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:担当楽器 of
is foaf:primaryTopic of