Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バレンシア王国(バレンシアおうこく、バレンシア語: Regne de Valencia)は、イベリア半島東海岸にかつてあった王国で、アラゴン連合王国を構成する国の一つ。バレンシア王国は、イスラム教徒のタイファとして成立したが、レコンキスタにより1237年キリスト教のアラゴン連合王国に占領された。カトリック両王の結婚によりアラゴンとカスティーリャ王国が同君連合となり、その後スペイン王国が成立すると、バレンシア王国はスペインの構成国家となった。存在している間バレンシア王国は、アラゴン、そしてスペインから与えられた広い自治権を有する憲章の上で、独自法と自治機関を持ち、統治されていた。スペイン継承戦争でバレンシアが敗北したために、フェリペ5世は新国家基本法 (en) を1707年に布告し、バレンシアから全ての自治と特権を奪った。境界線、そして現在のスペインの自治州であるバレンシア州の同一性は、基本的にかつてのバレンシア王国に基づいている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1732060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54350475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バレンシア王国(バレンシアおうこく、バレンシア語: Regne de Valencia)は、イベリア半島東海岸にかつてあった王国で、アラゴン連合王国を構成する国の一つ。バレンシア王国は、イスラム教徒のタイファとして成立したが、レコンキスタにより1237年キリスト教のアラゴン連合王国に占領された。カトリック両王の結婚によりアラゴンとカスティーリャ王国が同君連合となり、その後スペイン王国が成立すると、バレンシア王国はスペインの構成国家となった。存在している間バレンシア王国は、アラゴン、そしてスペインから与えられた広い自治権を有する憲章の上で、独自法と自治機関を持ち、統治されていた。スペイン継承戦争でバレンシアが敗北したために、フェリペ5世は新国家基本法 (en) を1707年に布告し、バレンシアから全ての自治と特権を奪った。境界線、そして現在のスペインの自治州であるバレンシア州の同一性は、基本的にかつてのバレンシア王国に基づいている。
rdfs:label
  • バレンシア王国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:地位 of
is foaf:primaryTopic of