Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バレルアルデヒド (valeraldehyde) はアルデヒドの一種の有機化合物で、構造的にペンタンの誘導体にあたる。示性式は CH3CH2CH2CH2CHO。IUPAC名はペンタナール (pentanal)。その他の名称として、吉草酸アルデヒド、アミルアルデヒド (amyl aldehyde)、ブチルホルマール (butyl formal)、バレラール (valeral) がある。ほとんどの有機化合物と任意の割合で混ざり合う。可燃性で、引火点は 12 °C、自己発火点は 222 °C である。貯蔵中に爆発性の過酸化物が生成するおそれがある。甘酸っぱい焦げた刺激臭を持ち、特定悪臭物質のひとつだが、果物や酒の香り成分でもあり、食品添加物(香料)として利用されている。有害性については、大量に摂取すると急性毒性を発揮するという情報がある一方で、反復投与毒性は無いとする試験結果もある。蓄積性、発ガン性はないとみられる。ラットLD50(経口)は 5.66 mL/kg、許容濃度は時間加重平均 50 ppmである。食品薬品安全センターの実験による無毒性量 (NOAEL) は300 mg/kg-体重/日 と見積もられている。BOD/TOD比が0.6以上と生分解性が高いことから、環境への残留性は低いとされる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 110-62-3
  • 590-86-3
dbpedia-owl:iupacName
  • ペンタナール
  • 3-メチルブタナール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1414256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48398894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 110 (xsd:integer)
  • 590 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 3 (xsd:integer)
  • ペンタナール
prop-ja:name
  • イソバレルアルデヒド
  • バレルアルデヒド
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C5H10O
prop-ja:分子量
  • 86.130000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • ノルマルバレルアルデヒド
prop-ja:密度
  • 0.800000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 特徴的な臭気のある無色の液体
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:水への溶解度
  • 1.400000 (xsd:double)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:沸点
  • 91 (xsd:integer)
  • 103 (xsd:integer)
prop-ja:温度
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 液体
prop-ja:相対蒸気密度
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • −51
  • −91
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • バレルアルデヒド (valeraldehyde) はアルデヒドの一種の有機化合物で、構造的にペンタンの誘導体にあたる。示性式は CH3CH2CH2CH2CHO。IUPAC名はペンタナール (pentanal)。その他の名称として、吉草酸アルデヒド、アミルアルデヒド (amyl aldehyde)、ブチルホルマール (butyl formal)、バレラール (valeral) がある。ほとんどの有機化合物と任意の割合で混ざり合う。可燃性で、引火点は 12 °C、自己発火点は 222 °C である。貯蔵中に爆発性の過酸化物が生成するおそれがある。甘酸っぱい焦げた刺激臭を持ち、特定悪臭物質のひとつだが、果物や酒の香り成分でもあり、食品添加物(香料)として利用されている。有害性については、大量に摂取すると急性毒性を発揮するという情報がある一方で、反復投与毒性は無いとする試験結果もある。蓄積性、発ガン性はないとみられる。ラットLD50(経口)は 5.66 mL/kg、許容濃度は時間加重平均 50 ppmである。食品薬品安全センターの実験による無毒性量 (NOAEL) は300 mg/kg-体重/日 と見積もられている。BOD/TOD比が0.6以上と生分解性が高いことから、環境への残留性は低いとされる。
rdfs:label
  • バレルアルデヒド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • イソバレルアルデヒド
  • ノルマルバレルアルデヒド
  • バレルアルデヒド
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of