Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バルボリン(英語:Valvoline )は、1866年に米国で誕生した潤滑油ブランド。物理学者のジョン・エリス(Dr. John Ellis )の手によって初めて石油から作った純鉱物油の開発に成功。当時、蒸気機関のバルブの焼付きが問題になっていたが、バルボリンのオイルが開発されたことにより、著しく焼付きの確率が低下した。バルブオイルとして高い信頼性を得、それにちなんでバルブオイルを略してバルボリンと名づけられた。Valvolineというブランド名が商業的に使用されたのは1873年から。1903年に商標登録された。かつてペンシルベニア産鉱物油が最高の品質とされていた時代は、その素性の良さを示すために、「100%ピュアペンシルベニア」の文字が誇らしげに示されていた。現在同社はアシュランド (企業)に買収され、同社の一ブランドになっている。日本では兼松ケミカル(旧兼松化成)がバルボリンの正規輸入、及びライセンス生産品を販売している。兼松ケミカル以外にもバルミックスなどの並行輸入業者が存在するが、ディスカウントショップや、ホームセンターで売られている廉価なプラボトル(1qt入り)のバルボリンも兼松ルートのものが多い。JX日鉱日石エネルギー(旧新日本石油)の関連会社であるJX日鉱日石トレーディング(UTC)も、アメリカ製バルボリンパイロイルシリーズのパワステオイルや、オイル・燃料添加剤の販売を行なっている。アメリカ製に比べると流通量は少ないものの欧州製(オランダ製)バルボリンのエンジンオイルも出回っている。欧州仕様のためアメリカ製とは仕様が異なることが多い。アメリカ製は基本的に1クォート(946ml)や1ガロン(3.785L)のプラボトルとなるが欧州製はリッター単位のプラボトルである。その他にもシンガポール製などのアジアからの輸入品も流通している。こちらも容量はリッター単位となる。兼松扱いの商品ではWEB専売のオイルも存在する。時流の大勢にならい、バルボリンもハイドロクラッキングオイル(グループⅢ鉱物油)も化学合成油と表示するようになっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2217428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57953127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バルボリン(英語:Valvoline )は、1866年に米国で誕生した潤滑油ブランド。物理学者のジョン・エリス(Dr.
rdfs:label
  • バルボリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:オイル of
is prop-ja:燃料 of
is foaf:primaryTopic of