Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バルブ種(Barb)は、北アフリカ原産の軽種馬である。その起源は不明。スペインにおいて在来種やアラブ種と交配され、アンダルシア馬と呼ばれる品種を生み出した。アンダルシア馬はその後ヨーロッパにおいて軽種馬の品種改良に積極的に活用された(バルブ種の流れを汲む代表的な品種としてリピッツァナーがある)ほか、大航海時代にアメリカ大陸に多く持ち込まれた。バルブ種はサラブレッドの品種改良の過程でも活用され、ジェネラルスタッドブックでは三大始祖の一頭ゴドルフィンアラビアンはバルブ種とされている(ただし現在ではゴドルフィンアラビアンはバルブと呼ばれる地方からイギリスに輸入されたものの、血統的にはアラブ種の血を多く受け継いでいたという見方が有力である)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1606256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47364782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バルブ種(Barb)は、北アフリカ原産の軽種馬である。その起源は不明。スペインにおいて在来種やアラブ種と交配され、アンダルシア馬と呼ばれる品種を生み出した。アンダルシア馬はその後ヨーロッパにおいて軽種馬の品種改良に積極的に活用された(バルブ種の流れを汲む代表的な品種としてリピッツァナーがある)ほか、大航海時代にアメリカ大陸に多く持ち込まれた。バルブ種はサラブレッドの品種改良の過程でも活用され、ジェネラルスタッドブックでは三大始祖の一頭ゴドルフィンアラビアンはバルブ種とされている(ただし現在ではゴドルフィンアラビアンはバルブと呼ばれる地方からイギリスに輸入されたものの、血統的にはアラブ種の血を多く受け継いでいたという見方が有力である)。
rdfs:label
  • バルブ種
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of