Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バリノマイシン(Valinomycin)は、ドデカデプシペプチド系抗生物質である。S. tsusimaensisやS. fulvissimus等のストレプトマイセス属の菌株から得られる。電荷を持たない残基のみから構成される中性イオノフォアである。L-バリン・D-α-ヒドロキシイソ吉草酸・D-バリン・乳酸が、交互に出現するアミド結合とエステル結合でこの順に結合して1単位を構成し、これが3回繰り返されて環を形成している。細胞膜内で、ナトリウムイオンに対して、カリウムイオンに強い選択性を持つ。カリウム特異的なトランスポーターとして働き、電気化学勾配が”下がる”方向に、脂質膜を通してカリウムイオンが移動するのを助ける。カリウム-バリノマイシン複合体の平衡定数Kは106であるのに対し、ナトリウム-バリノマイシン複合体ではたったの10である。この違いは、生体系においてカリウムイオンの輸送への選択性を維持するのに重要である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3127007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54244974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Valinomycin.svg
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 470628010 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • バリノマイシン(Valinomycin)は、ドデカデプシペプチド系抗生物質である。S. tsusimaensisやS. fulvissimus等のストレプトマイセス属の菌株から得られる。電荷を持たない残基のみから構成される中性イオノフォアである。L-バリン・D-α-ヒドロキシイソ吉草酸・D-バリン・乳酸が、交互に出現するアミド結合とエステル結合でこの順に結合して1単位を構成し、これが3回繰り返されて環を形成している。細胞膜内で、ナトリウムイオンに対して、カリウムイオンに強い選択性を持つ。カリウム特異的なトランスポーターとして働き、電気化学勾配が”下がる”方向に、脂質膜を通してカリウムイオンが移動するのを助ける。カリウム-バリノマイシン複合体の平衡定数Kは106であるのに対し、ナトリウム-バリノマイシン複合体ではたったの10である。この違いは、生体系においてカリウムイオンの輸送への選択性を維持するのに重要である。
rdfs:label
  • バリノマイシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of