Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バランガイ(英語:barangay, タガログ語:baranggay)は、フィリピンの都市(cities)と町(Municipalities)を構成する最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のフィリピン語である。また、バリオ(barrio)という旧名でも知られる。バランガイは地名においてしばしば「Brgy」または「Bgy」と略される。2006年12月31日現在、フィリピンには合計41,995のバランガイがある。現代の行政におけるバランガイという語とその構造は、フェルディナンド・マルコス大統領の統治期間に古いバリオから交換して考案された。そしてバランガイは、1991年の地方自治体規約の下で成文化された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1082999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56999967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バランガイ(英語:barangay, タガログ語:baranggay)は、フィリピンの都市(cities)と町(Municipalities)を構成する最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のフィリピン語である。また、バリオ(barrio)という旧名でも知られる。バランガイは地名においてしばしば「Brgy」または「Bgy」と略される。2006年12月31日現在、フィリピンには合計41,995のバランガイがある。現代の行政におけるバランガイという語とその構造は、フェルディナンド・マルコス大統領の統治期間に古いバリオから交換して考案された。そしてバランガイは、1991年の地方自治体規約の下で成文化された。
rdfs:label
  • バランガイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:demographics1Title of
is prop-ja:partsType of
is prop-ja:subdivisionType of
is prop-ja:下位区分種類 of
is foaf:primaryTopic of