Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」(バッハのせんりつをよるにきいたせいです)は、日本のバンド、サカナクションによる楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって制作されたこの楽曲は、音楽性としてはダンス・ミュージックやオルタナティブ・ロックの要素を持つエレクトロ・ダンスソングであり、4つ打ちをベースとしたビートで構成されている。楽曲は、ファースト・コーラスはダンス・サウンドで展開されるものの、セカンド・コーラスではバンド・サウンドへと変化する。更にセカンド・コーラス後のブレイクでは、楽曲タイトルにもなっているバッハの音楽がフィーチャーされている。この楽曲は2011年6月、同名のシングルとしてリリースされた。シングルのアートワークはデザイン集団Hatosが手がけており、デザインはドイツで行われた。ジャケット写真は、山口の自宅での一場面を写した写真と楽曲タイトルのドイツ語訳を合わせたものとなっている。この楽曲は音楽評論家から賛否両論の評価を受けた。批評家の中にはサウンド、リズム、メロディといった様々な要素をシンプルに凝縮してまとめた点を評価したものもいたが、一方ではこうした作り方によって楽曲の情感や爆発力が不足することになったと指摘する批評家もいた。楽曲は日本のフィジカル、ダウンロードチャート双方にチャート・インした。また、RIAJ有料音楽配信チャートでは最高位30位を記録した。付随する楽曲のミュージック・ビデオでは田中裕介が監督を努め、「ねじれていく世界」が描かれたビデオはエンターテインメント性と芸術性が追求された。ビデオは薄暗い洋室の中での山口本人と4体の山口の分身「山口人形」によるダンスや、女優の麻生久美子演じる女性とのラブシーンが繰り広げられる内容となっている。サカナクションはこの楽曲を2011年のコンサート・ツアー『SAKANAQUARIUM 2011“ZEPP ALIVE”』で初披露しており、更に楽曲は『ミュージックステーション』や『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『SWEET LOVE SHOWER』でも演奏されている。
dbpedia-owl:album
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:bSide
  • years
  • ライトダンス
dbpedia-owl:format
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:releaseDate
  • 2011-06-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:title
  • 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2393633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58705906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:album
prop-ja:align
  • right
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • ライトダンス
  • years
prop-ja:chartPosition
  • *8位(オリコン)
prop-ja:format
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastSingle
prop-ja:length
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
prop-ja:nextSingle
prop-ja:recorded
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:released
  • 2011-06-28 (xsd:date)
prop-ja:thisSingle
  • (2011年)
  • 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
prop-ja:video
  • サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 - YouTubeのサカナクションの自主レーベル、「NFRecords」の公式チャンネルへのリンク。
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」(バッハのせんりつをよるにきいたせいです)は、日本のバンド、サカナクションによる楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって制作されたこの楽曲は、音楽性としてはダンス・ミュージックやオルタナティブ・ロックの要素を持つエレクトロ・ダンスソングであり、4つ打ちをベースとしたビートで構成されている。楽曲は、ファースト・コーラスはダンス・サウンドで展開されるものの、セカンド・コーラスではバンド・サウンドへと変化する。更にセカンド・コーラス後のブレイクでは、楽曲タイトルにもなっているバッハの音楽がフィーチャーされている。この楽曲は2011年6月、同名のシングルとしてリリースされた。シングルのアートワークはデザイン集団Hatosが手がけており、デザインはドイツで行われた。ジャケット写真は、山口の自宅での一場面を写した写真と楽曲タイトルのドイツ語訳を合わせたものとなっている。この楽曲は音楽評論家から賛否両論の評価を受けた。批評家の中にはサウンド、リズム、メロディといった様々な要素をシンプルに凝縮してまとめた点を評価したものもいたが、一方ではこうした作り方によって楽曲の情感や爆発力が不足することになったと指摘する批評家もいた。楽曲は日本のフィジカル、ダウンロードチャート双方にチャート・インした。また、RIAJ有料音楽配信チャートでは最高位30位を記録した。付随する楽曲のミュージック・ビデオでは田中裕介が監督を努め、「ねじれていく世界」が描かれたビデオはエンターテインメント性と芸術性が追求された。ビデオは薄暗い洋室の中での山口本人と4体の山口の分身「山口人形」によるダンスや、女優の麻生久美子演じる女性とのラブシーンが繰り広げられる内容となっている。サカナクションはこの楽曲を2011年のコンサート・ツアー『SAKANAQUARIUM 2011“ZEPP ALIVE”』で初披露しており、更に楽曲は『ミュージックステーション』や『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『SWEET LOVE SHOWER』でも演奏されている。
rdfs:label
  • バッハの旋律を夜に聴いたせいです。
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of