Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バッティングセンター(Batting Center)とは、機械から発射されるボールを打つことにより、野球やソフトボールのバッティングを行う娯楽施設である。コイン、メダル、プリペイドカードを機械に投入することにより、連続して一定の数のボールが発射される設備を持つ。投球練習、球速測定、バッティングフォームの撮影、実技指導、守備練習などの設備、サービスを備えている所もある。単調な投球により相手打者(打線)に極端に打ち込まれる投手を揶揄して「○○(投手名)バッティングセンター」と呼ぶ事がある。また、ゲームセンターが併設されていることもある。最近では、ストラックアウト、卓球、ビリヤード、エアホッケー、ダーツなどバッティング以外のスポーツも楽しめる施設として運営している場合もある。会員制を設けてる施設も多く、会員の特典として来店ポイントやバースデイポイント、プリペイドカードの割引販売などがある。入会には200円~300円ほどかかるが入会特典として1ゲーム分のサービスがもらえるので実質無料であるところが多い。尚「バッティングセンター」という言葉は和製英語であり、アメリカでは(commercial) batting cageと言われる。日本では、1965年(昭和40年)12月28日に東京都でオープンしたのが最初といわれている。イチローなど、少年時代に毎日のようにバッティングセンターに通っていたというプロ野球選手も多い。通常はバッティングを行う場所だが、ごくまれに、安定した速球や変化球が投げ込まれることを利用してキャッチング練習のために利用する者もいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 195594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56905276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バッティングセンター(Batting Center)とは、機械から発射されるボールを打つことにより、野球やソフトボールのバッティングを行う娯楽施設である。コイン、メダル、プリペイドカードを機械に投入することにより、連続して一定の数のボールが発射される設備を持つ。投球練習、球速測定、バッティングフォームの撮影、実技指導、守備練習などの設備、サービスを備えている所もある。単調な投球により相手打者(打線)に極端に打ち込まれる投手を揶揄して「○○(投手名)バッティングセンター」と呼ぶ事がある。また、ゲームセンターが併設されていることもある。最近では、ストラックアウト、卓球、ビリヤード、エアホッケー、ダーツなどバッティング以外のスポーツも楽しめる施設として運営している場合もある。会員制を設けてる施設も多く、会員の特典として来店ポイントやバースデイポイント、プリペイドカードの割引販売などがある。入会には200円~300円ほどかかるが入会特典として1ゲーム分のサービスがもらえるので実質無料であるところが多い。尚「バッティングセンター」という言葉は和製英語であり、アメリカでは(commercial) batting cageと言われる。日本では、1965年(昭和40年)12月28日に東京都でオープンしたのが最初といわれている。イチローなど、少年時代に毎日のようにバッティングセンターに通っていたというプロ野球選手も多い。通常はバッティングを行う場所だが、ごくまれに、安定した速球や変化球が投げ込まれることを利用してキャッチング練習のために利用する者もいる。
rdfs:label
  • バッティングセンター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of