Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『バッコスの信女』(希: Βάκχαι, Bakchai, バッカイ、羅: Bacchae)は、古代ギリシアのエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。アジアからテーバイへとやって来たバッコス(ディオニューソス)及びその信女たちと、テーバイの創建者カドモス、その娘アガウエー、その息子で現在の王であるペンテウス等とのやり取りを描く。紀元前407年頃、最晩年にマケドニアで書かれた作品と考えられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3152662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55892653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『バッコスの信女』(希: Βάκχαι, Bakchai, バッカイ、羅: Bacchae)は、古代ギリシアのエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。アジアからテーバイへとやって来たバッコス(ディオニューソス)及びその信女たちと、テーバイの創建者カドモス、その娘アガウエー、その息子で現在の王であるペンテウス等とのやり取りを描く。紀元前407年頃、最晩年にマケドニアで書かれた作品と考えられる。
rdfs:label
  • バッコスの信女
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of