Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バックプロパゲーション(英: Backpropagation)または誤差逆伝播法(ごさぎゃくでんぱほう)は、機械学習において、ニューラルネットワークを学習させるための教師あり学習のアルゴリズムである。1986年にbackwards propagation of errors(後方への誤差伝播)の略からデビッド・ラメルハートらによって命名された。1969年にアーサー・E・ブライソン(Arthur E. Bryson)と何毓琦が多段動的システム最適化手法として提案した。ニューラルネットワークに応用されるようになったのは、1974年のポール・ワーボス、1986年のデビッド・ラメルハート、ジェフリー・ヒントン、ロナルド・J・ウィリアムスらの再発見によるもので、特に1986年の発表以降ニューラルネットワーク研究が注目を浴び再活性化することになった。教師あり学習手法であり、デルタルールを一般化したものと言える。訓練集合を作るには、多数の入力について必要とされる出力を事前に定めておく必要がある。フィードフォワードネットワーク(フィードバックを持たない、あるいは単にループするコネクションを持たないネットワーク)で最も効果を発揮する。バックプロパゲーションでは、人工ニューロン(または「ノード」)で使われる伝達関数が可微分でなければならない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 445281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58162747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バックプロパゲーション(英: Backpropagation)または誤差逆伝播法(ごさぎゃくでんぱほう)は、機械学習において、ニューラルネットワークを学習させるための教師あり学習のアルゴリズムである。1986年にbackwards propagation of errors(後方への誤差伝播)の略からデビッド・ラメルハートらによって命名された。1969年にアーサー・E・ブライソン(Arthur E.
rdfs:label
  • バックプロパゲーション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of