Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バタフライ効果(バタフライこうか、英: butterfly effect)とは、力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。気象学者のエドワード・ローレンツによる、蝶がはばたく程度の非常に小さな撹乱でも遠くの場所の気象に影響を与えるか?という問い掛けと、もしそれが正しければ、観測誤差を無くすことができない限り、正確な長期予測は根本的に困難になる、という数値予報の研究から出てきた提言に由来する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 39840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58494809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • center
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:footer
  • ローレンツ・アトラクタ。ローレンツ方程式のパラメータを p = 10、r = 28、b = 8/3 として数値計算した結果をある方向から見ると、蝶が羽を開いたような形をしている(左図)。ローレンツ方程式は3変数(x、y、z)の関数であり、3次元空間では右図のような軌跡となる。
  • ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?
prop-ja:footerAlign
  • left
prop-ja:image
  • A Trajectory Through Phase Space in a Lorenz Attractor.gif
  • Lorenz system r28 s10 b2-6666.png
  • Nssl0187 - Flickr - NOAA Photo Library.jpg
  • Satyrinae feeding.jpg
prop-ja:width
  • 176 (xsd:integer)
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バタフライ効果(バタフライこうか、英: butterfly effect)とは、力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。気象学者のエドワード・ローレンツによる、蝶がはばたく程度の非常に小さな撹乱でも遠くの場所の気象に影響を与えるか?という問い掛けと、もしそれが正しければ、観測誤差を無くすことができない限り、正確な長期予測は根本的に困難になる、という数値予報の研究から出てきた提言に由来する。
rdfs:label
  • バタフライ効果
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of