Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バスティーユ牢獄(バスティーユろうごく、仏: Bastille, Bastille Saint-Antoine)は、もともとは要塞で、シャルル5世の治世下に建てられ、フランス革命前には政治犯や精神病者を収容した牢獄として使われていた旧体制(アンシャン・レジーム)支配の象徴とされた建物。バスチーユの牢獄やバスティーユ監獄とも言う。またバスティーユ要塞とも日本では言われるが、フランス語では「バスティーユ」だけで要塞の意味がある。フランス革命が勃発したときに民衆の暴動により襲撃されたが、このときは武器を得る目的で襲撃したとも、レヴェイヨン事件(Jean-Baptiste Réveillon)の報復だったとも言われている。ただし解放された囚人は7人(精神障害者2人、文書偽造犯4人、非行貴族1人)で、政治犯はいなかった。(襲撃後に解放された収監者の中にはマルキ・ド・サドはおらず、実際にはマルキ・ド・サドは、フランス革命の直前までバスティーユに収監されていて、その数日前にシャラントラン=サン=モーリス修道院に移送されていた)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 41120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58251936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バスティーユ牢獄(バスティーユろうごく、仏: Bastille, Bastille Saint-Antoine)は、もともとは要塞で、シャルル5世の治世下に建てられ、フランス革命前には政治犯や精神病者を収容した牢獄として使われていた旧体制(アンシャン・レジーム)支配の象徴とされた建物。バスチーユの牢獄やバスティーユ監獄とも言う。またバスティーユ要塞とも日本では言われるが、フランス語では「バスティーユ」だけで要塞の意味がある。フランス革命が勃発したときに民衆の暴動により襲撃されたが、このときは武器を得る目的で襲撃したとも、レヴェイヨン事件(Jean-Baptiste Réveillon)の報復だったとも言われている。ただし解放された囚人は7人(精神障害者2人、文書偽造犯4人、非行貴族1人)で、政治犯はいなかった。(襲撃後に解放された収監者の中にはマルキ・ド・サドはおらず、実際にはマルキ・ド・サドは、フランス革命の直前までバスティーユに収監されていて、その数日前にシャラントラン=サン=モーリス修道院に移送されていた)
rdfs:label
  • バスティーユ牢獄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of