バウンド・ドック(BOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。 作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」の特殊部隊「ティターンズ」の試作機で、特殊能力者であるニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計されている。ただし、一般のパイロットでも操縦することは可能。人型の「モビルスーツ(MS)」形態に変形する可変機でもあり、MS形態は犬のような頭部と大型の腰部スカートアーマーが特徴の異形の姿となる。この犬(ドッグ)のような姿から「バウンド・ドッグ」と誤表記されることが多いが、SDガンダム作品では意図的に「犬(=ドッグ)」とされる場合もある。劇中では、ティターンズ士官の「ジェリド・メサ」や、強化人間の「ロザミア・バダム」などが搭乗し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。 当記事では、関連性の高い機体である「ムットゥー」の解説も記述する。

Property Value
dbo:abstract
  • バウンド・ドック(BOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。 作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」の特殊部隊「ティターンズ」の試作機で、特殊能力者であるニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計されている。ただし、一般のパイロットでも操縦することは可能。人型の「モビルスーツ(MS)」形態に変形する可変機でもあり、MS形態は犬のような頭部と大型の腰部スカートアーマーが特徴の異形の姿となる。この犬(ドッグ)のような姿から「バウンド・ドッグ」と誤表記されることが多いが、SDガンダム作品では意図的に「犬(=ドッグ)」とされる場合もある。劇中では、ティターンズ士官の「ジェリド・メサ」や、強化人間の「ロザミア・バダム」などが搭乗し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。 当記事では、関連性の高い機体である「ムットゥー」の解説も記述する。 (ja)
  • バウンド・ドック(BOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。 作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」の特殊部隊「ティターンズ」の試作機で、特殊能力者であるニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計されている。ただし、一般のパイロットでも操縦することは可能。人型の「モビルスーツ(MS)」形態に変形する可変機でもあり、MS形態は犬のような頭部と大型の腰部スカートアーマーが特徴の異形の姿となる。この犬(ドッグ)のような姿から「バウンド・ドッグ」と誤表記されることが多いが、SDガンダム作品では意図的に「犬(=ドッグ)」とされる場合もある。劇中では、ティターンズ士官の「ジェリド・メサ」や、強化人間の「ロザミア・バダム」などが搭乗し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。 当記事では、関連性の高い機体である「ムットゥー」の解説も記述する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 117369 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19960 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81417665 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×4 (ja)
  • 姿勢制御バーニア×4 (ja)
prop-ja:センサー
  • 9,840m (ja)
  • 9,840m (ja)
prop-ja:全備重量
  • 129.4
prop-ja:全幅
  • 15.200000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 27.200000 (xsd:double)
prop-ja:全高
  • 13 (xsd:integer)
  • 19.300000 (xsd:double)
  • 30 (xsd:integer)
  • 29.7m (ja)
prop-ja:出力
  • 2260.0
prop-ja:名称
  • BAUND DOC (ja)
  • BAUND-DOC / BOUND-DOC (ja)
  • MUTTOWOOOO (ja)
  • バウンド・ドック (ja)
  • ムットゥー (ja)
  • BAUND DOC (ja)
  • BAUND-DOC / BOUND-DOC (ja)
  • MUTTOWOOOO (ja)
  • バウンド・ドック (ja)
  • ムットゥー (ja)
prop-ja:型式番号
  • J-2126(旧文明時) (ja)
  • MRC-F31(ムーンレィス) (ja)
  • NRX-055 (ja)
  • NRX-055-1(グレー) (ja)
  • NRX-055-2(赤) (ja)
  • NRX-055-3(黄) (ja)
  • J-2126(旧文明時) (ja)
  • MRC-F31(ムーンレィス) (ja)
  • NRX-055 (ja)
  • NRX-055-1(グレー) (ja)
  • NRX-055-2(赤) (ja)
  • NRX-055-3(黄) (ja)
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 48600 (xsd:integer)
  • 総推力:145,800kg (ja)
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
prop-ja:装甲
  • ガンダリウム合金 (ja)
  • ガンダリウム合金 (ja)
prop-ja:製造
  • オークランド研究所 (ja)
  • ニュータイプ研究所本部 (ja)
  • オークランド研究所 (ja)
  • ニュータイプ研究所本部 (ja)
prop-ja:重量
  • 82.7
prop-ja:頭頂高
  • 27.3m (ja)
  • 27.3m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • バウンド・ドック(BOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。 作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」の特殊部隊「ティターンズ」の試作機で、特殊能力者であるニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計されている。ただし、一般のパイロットでも操縦することは可能。人型の「モビルスーツ(MS)」形態に変形する可変機でもあり、MS形態は犬のような頭部と大型の腰部スカートアーマーが特徴の異形の姿となる。この犬(ドッグ)のような姿から「バウンド・ドッグ」と誤表記されることが多いが、SDガンダム作品では意図的に「犬(=ドッグ)」とされる場合もある。劇中では、ティターンズ士官の「ジェリド・メサ」や、強化人間の「ロザミア・バダム」などが搭乗し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。 当記事では、関連性の高い機体である「ムットゥー」の解説も記述する。 (ja)
  • バウンド・ドック(BOUND-DOC)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式のロボット兵器「モビルアーマー(MA)」の一つ。初出は、1985年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。 作中の軍事勢力の一つである「地球連邦軍」の特殊部隊「ティターンズ」の試作機で、特殊能力者であるニュータイプや強化人間の搭乗を前提に設計されている。ただし、一般のパイロットでも操縦することは可能。人型の「モビルスーツ(MS)」形態に変形する可変機でもあり、MS形態は犬のような頭部と大型の腰部スカートアーマーが特徴の異形の姿となる。この犬(ドッグ)のような姿から「バウンド・ドッグ」と誤表記されることが多いが、SDガンダム作品では意図的に「犬(=ドッグ)」とされる場合もある。劇中では、ティターンズ士官の「ジェリド・メサ」や、強化人間の「ロザミア・バダム」などが搭乗し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。 当記事では、関連性の高い機体である「ムットゥー」の解説も記述する。 (ja)
rdfs:label
  • バウンド・ドック (ja)
  • バウンド・ドック (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of