Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • バイエルン公(公爵)と日本語訳されるHerzog in Bayern(本来のバイエルン公:Herzog von Bayernでないことに注意)は、プファルツ=ツヴァイブリュッケン系ヴィッテルスバッハ家の一流及びその子孫に用いられた称号である。例えばプファルツ=ビルケンフェルト家の祖であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公カール1世の正式称号は「ライン宮中伯、バイエルン公(Herzog in Bayern)、フェルデンツ伯及びシュポンハイム伯」であった。1681年、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公クリスティアン2世の弟ヨハン・カールはプファルツ=ゲルンハウゼン公爵家を創設した。しかしヨハン・カールの貴賤結婚により、その息子たちがプファルツ系ヴィッテルスバッハ家の正嫡の成員として認められるまでには、長い間の交渉と一族間の係争が続いた。1799年2月16日にヴィッテルスバッハ家の家長であったバイエルン選帝侯(プファルツ選帝侯でもあった)カール・テオドールが嗣子を残さず死去した時点で、ヴィッテルスバッハ家の支流はマクシミリアン・ヨーゼフ(のちのバイエルン国王)を当主とするツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト系と、その義兄ヴィルヘルムを当主とするゲルンハウゼン系の2家が残っていた。マクシミリアン・ヨーゼフはカール・テオドールが有していたバイエルン選帝侯=選帝侯たるバイエルン公(Herzog von Bayern)の位を継承したが、ヴィルヘルムはこの継承に協力した。その功により、ヴィルヘルムは「バイエルン(の中の)公」(Herzog in Bayern)の儀礼称号を授けられた。以後、ヴィルヘルムの男系子孫には兄弟や男女の別なく全員にこの称号(女子の場合にはHerzogin in Bayern:バイエルン女公ないし公爵夫人と訳される)が許された。1806年にマクシミリアン・ヨーゼフが選帝侯からバイエルン王に昇格して以後、ヴィルヘルムとその子孫も「王家の殿下」(Königliche Hoheit)の尊称で呼ばれることになった。このバイエルン公爵家からは、オーストリア皇后エリーザベト、両シチリア王妃マリー、ベルギー王妃エリーザベトらが出ている。1965年時点でこの家系には、ルートヴィヒ・ヴィルヘルムとその従弟のルイトポルトの、子供のいない2人の老人しかいなかった。同年3月18日、ルートヴィヒ・ヴィルヘルムはバイエルン王家家長アルブレヒトの次男で、姉マリー・ガブリエーレの孫であるマックス・エマヌエルを養子として迎えた。この結果、マックス・エマヌエルはHerzog in BayernとPrinz von Bayern(バイエルン王子)の称号を有することになった。マックス・エマヌエルには、いずれもHerzogin in Bayernの称号を有する5人の娘がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2021472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50564691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • バイエルン公(公爵)と日本語訳されるHerzog in Bayern(本来のバイエルン公:Herzog von Bayernでないことに注意)は、プファルツ=ツヴァイブリュッケン系ヴィッテルスバッハ家の一流及びその子孫に用いられた称号である。例えばプファルツ=ビルケンフェルト家の祖であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公カール1世の正式称号は「ライン宮中伯、バイエルン公(Herzog in Bayern)、フェルデンツ伯及びシュポンハイム伯」であった。1681年、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公クリスティアン2世の弟ヨハン・カールはプファルツ=ゲルンハウゼン公爵家を創設した。しかしヨハン・カールの貴賤結婚により、その息子たちがプファルツ系ヴィッテルスバッハ家の正嫡の成員として認められるまでには、長い間の交渉と一族間の係争が続いた。1799年2月16日にヴィッテルスバッハ家の家長であったバイエルン選帝侯(プファルツ選帝侯でもあった)カール・テオドールが嗣子を残さず死去した時点で、ヴィッテルスバッハ家の支流はマクシミリアン・ヨーゼフ(のちのバイエルン国王)を当主とするツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト系と、その義兄ヴィルヘルムを当主とするゲルンハウゼン系の2家が残っていた。マクシミリアン・ヨーゼフはカール・テオドールが有していたバイエルン選帝侯=選帝侯たるバイエルン公(Herzog von Bayern)の位を継承したが、ヴィルヘルムはこの継承に協力した。その功により、ヴィルヘルムは「バイエルン(の中の)公」(Herzog in Bayern)の儀礼称号を授けられた。以後、ヴィルヘルムの男系子孫には兄弟や男女の別なく全員にこの称号(女子の場合にはHerzogin in Bayern:バイエルン女公ないし公爵夫人と訳される)が許された。1806年にマクシミリアン・ヨーゼフが選帝侯からバイエルン王に昇格して以後、ヴィルヘルムとその子孫も「王家の殿下」(Königliche Hoheit)の尊称で呼ばれることになった。このバイエルン公爵家からは、オーストリア皇后エリーザベト、両シチリア王妃マリー、ベルギー王妃エリーザベトらが出ている。1965年時点でこの家系には、ルートヴィヒ・ヴィルヘルムとその従弟のルイトポルトの、子供のいない2人の老人しかいなかった。同年3月18日、ルートヴィヒ・ヴィルヘルムはバイエルン王家家長アルブレヒトの次男で、姉マリー・ガブリエーレの孫であるマックス・エマヌエルを養子として迎えた。この結果、マックス・エマヌエルはHerzog in BayernとPrinz von Bayern(バイエルン王子)の称号を有することになった。マックス・エマヌエルには、いずれもHerzogin in Bayernの称号を有する5人の娘がいる。
rdfs:label
  • バイエルン公 (Herzog in Bayern)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:家名・爵位 of
is foaf:primaryTopic of