Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハーデース(古希: ΑΙΔΗΣ, Ἅιδης, Hādēs) は、ギリシア神話の冥府の神。例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる。日本語では長母音を省略してハデス、あるいはハーデスなどとも呼ばれる。クロノスとレアーの子で、ポセイドーンとゼウスの兄である。妻はペルセポネー。その象徴は豊穣の角及び水仙、糸杉。ポセイドーンと同じく馬とも関連がある。オリュンポス内でもゼウス、ポセイドーンに次ぐ実力を持つ。後に冥府が地下にあるとされるようになったことから、地下の神ともされる。普段冥界に居てオリュムポスには来ないためオリュムポス十二神には入らないとされる場合が多い。また、さらに後には豊穣神(作物は地中から芽を出して成長する)としても崇められるようになった。パウサニアースの伝えるところに依ればエーリスにその神殿があったといわれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 255785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58732787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハーデース(古希: ΑΙΔΗΣ, Ἅιδης, Hādēs) は、ギリシア神話の冥府の神。例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる。日本語では長母音を省略してハデス、あるいはハーデスなどとも呼ばれる。クロノスとレアーの子で、ポセイドーンとゼウスの兄である。妻はペルセポネー。その象徴は豊穣の角及び水仙、糸杉。ポセイドーンと同じく馬とも関連がある。オリュンポス内でもゼウス、ポセイドーンに次ぐ実力を持つ。後に冥府が地下にあるとされるようになったことから、地下の神ともされる。普段冥界に居てオリュムポスには来ないためオリュムポス十二神には入らないとされる場合が多い。また、さらに後には豊穣神(作物は地中から芽を出して成長する)としても崇められるようになった。パウサニアースの伝えるところに依ればエーリスにその神殿があったといわれている。
rdfs:label
  • ハーデース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of