Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハーシャッド数(ハーシャッドすう、英: Harshad number)は、自然数のうち、各桁の数字の和が元の数の約数であるような数である。例えば195は各桁の数字の和が 1+9+5=15 であり、15は195の約数であるので195はハーシャッド数である。ハーシャッド数はインドの数学者D.R.Kaprekarによって定義され、サンスクリット語の harṣa (喜び)と da (与える)が語源である。ハーシャッド数は無数にあり、そのうち最小の数は1である。十進法でのハーシャッド数を1から小さい順に列記すると1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 12, 18, 20, 21, 24, 27, 30, 36, 40, 42, 45, 48, 50, 54, 60, 63, 70, 72, 80, 81, 84, 90, 100, 102, 108, 110, 111, 112, 114, 117, 120, 126, 132, 133, 135, 140, 144, 150, 152, 153, …(オンライン整数列大辞典の数列 A005349)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 880256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59137564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハーシャッド数(ハーシャッドすう、英: Harshad number)は、自然数のうち、各桁の数字の和が元の数の約数であるような数である。例えば195は各桁の数字の和が 1+9+5=15 であり、15は195の約数であるので195はハーシャッド数である。ハーシャッド数はインドの数学者D.R.Kaprekarによって定義され、サンスクリット語の harṣa (喜び)と da (与える)が語源である。ハーシャッド数は無数にあり、そのうち最小の数は1である。十進法でのハーシャッド数を1から小さい順に列記すると1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 12, 18, 20, 21, 24, 27, 30, 36, 40, 42, 45, 48, 50, 54, 60, 63, 70, 72, 80, 81, 84, 90, 100, 102, 108, 110, 111, 112, 114, 117, 120, 126, 132, 133, 135, 140, 144, 150, 152, 153, …(オンライン整数列大辞典の数列 A005349)
rdfs:label
  • ハーシャッド数
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:範囲 of
is foaf:primaryTopic of