Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハンナ・ヘッヒ(Hannah Höch, 1889年11月1日 - 1978年5月31日)はベルリンで活躍したダダイスト。ハンナ・ヘーヒ(下記伊丹市立美術館の展覧会参照)、ハナ・ヘーヒ(美術出版社・「写真の歴史」・ナオミ・ローゼンブラム・1998年)における表記)などと記載されることもある。奇妙なイメージをかもし出す、多くの油彩やフォトモンタージュ作品(多くは、人体を解体して入れ換えたり、人体の一部を他のもので置き換えたりする作品)を残している。フォトモンタージュの技法の創始者は諸説あるが、1918年の夏に、恋人であったダダイストのラウル・ハウスマンと共に創始したといわれている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 19830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46565623 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハンナ・ヘッヒ(Hannah Höch, 1889年11月1日 - 1978年5月31日)はベルリンで活躍したダダイスト。ハンナ・ヘーヒ(下記伊丹市立美術館の展覧会参照)、ハナ・ヘーヒ(美術出版社・「写真の歴史」・ナオミ・ローゼンブラム・1998年)における表記)などと記載されることもある。奇妙なイメージをかもし出す、多くの油彩やフォトモンタージュ作品(多くは、人体を解体して入れ換えたり、人体の一部を他のもので置き換えたりする作品)を残している。フォトモンタージュの技法の創始者は諸説あるが、1918年の夏に、恋人であったダダイストのラウル・ハウスマンと共に創始したといわれている。
rdfs:label
  • ハンナ・ヘッヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of