Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハンスハインツ・シュネーベルガー(Hansheinz Schneeberger, 1926年10月16日 - )は、スイスのヴァイオリン奏者。ベルンの生まれ。地元の音楽院でヴァルター・ケギに学ぶ傍らでルツェルンのカール・フレッシュのところに通い、パリでボリス・カメンスキーにも師事した。1958年から1961年まで北ドイツ放送交響楽団のコンサートマスターを務め、1965年からプラード・カザルス音楽祭に参加した。1952年にはフランク・マルタンのヴァイオリン協奏曲、1958年にはバルトーク・ベーラのヴァイオリン協奏曲第1番、1970年にはクラウス・フーバーの《テンポーラ》の初演をそれぞれ手掛けた。1995年にはツヴィッカウからロベルト・シューマン賞を贈呈されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2883282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51605023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハンスハインツ・シュネーベルガー(Hansheinz Schneeberger, 1926年10月16日 - )は、スイスのヴァイオリン奏者。ベルンの生まれ。地元の音楽院でヴァルター・ケギに学ぶ傍らでルツェルンのカール・フレッシュのところに通い、パリでボリス・カメンスキーにも師事した。1958年から1961年まで北ドイツ放送交響楽団のコンサートマスターを務め、1965年からプラード・カザルス音楽祭に参加した。1952年にはフランク・マルタンのヴァイオリン協奏曲、1958年にはバルトーク・ベーラのヴァイオリン協奏曲第1番、1970年にはクラウス・フーバーの《テンポーラ》の初演をそれぞれ手掛けた。1995年にはツヴィッカウからロベルト・シューマン賞を贈呈されている。
rdfs:label
  • ハンスハインツ・シュネーベルガー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of