Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハンガリー王国の歴史的地域(ハンガリーおうこくのれきしてきちいき)では、ハンガリー王国(1000年 - 1918年)において、聖イシュトヴァーンの王冠の名の下に統合されていた東ヨーロッパの地域について記述する。その領域は現在のハンガリーのほか、オーストリア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニアにまたがっていた。これらの地域にはハンガリー人(マジャール人)が広く居住し、特に1867年以降のオーストリア=ハンガリー帝国の下ではハンガリー政府の統治下に属したが、1920年のトリアノン条約で解体されてハンガリー王国領は面積にしておよそ3分の1、現在のハンガリー共和国と同じ範囲に縮小した。そこで、これらの地域を大ハンガリー、聖イシュトヴァーンの王冠の地と言うこともある。戦間期のハンガリー王国はこの地域を奪回するために右傾化し、ナチス・ドイツとともに第二次世界大戦に突入していった。特に、現在ルーマニア領となっているトランシルヴァニア地方はもともとハンガリー王国領であった地で、ハンガリー人が非常に多く住み、ハンガリーとルーマニアの間で領土を巡る問題が1989年の東欧革命以後しばしば生じており、また民族問題がルーマニア革命の発端の一つにもなった。ただ、旧ユーゴスラヴィアで生じたような民族紛争が起こる要素はない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 156016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54159971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハンガリー王国の歴史的地域(ハンガリーおうこくのれきしてきちいき)では、ハンガリー王国(1000年 - 1918年)において、聖イシュトヴァーンの王冠の名の下に統合されていた東ヨーロッパの地域について記述する。その領域は現在のハンガリーのほか、オーストリア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチア、スロヴェニアにまたがっていた。これらの地域にはハンガリー人(マジャール人)が広く居住し、特に1867年以降のオーストリア=ハンガリー帝国の下ではハンガリー政府の統治下に属したが、1920年のトリアノン条約で解体されてハンガリー王国領は面積にしておよそ3分の1、現在のハンガリー共和国と同じ範囲に縮小した。そこで、これらの地域を大ハンガリー、聖イシュトヴァーンの王冠の地と言うこともある。戦間期のハンガリー王国はこの地域を奪回するために右傾化し、ナチス・ドイツとともに第二次世界大戦に突入していった。特に、現在ルーマニア領となっているトランシルヴァニア地方はもともとハンガリー王国領であった地で、ハンガリー人が非常に多く住み、ハンガリーとルーマニアの間で領土を巡る問題が1989年の東欧革命以後しばしば生じており、また民族問題がルーマニア革命の発端の一つにもなった。ただ、旧ユーゴスラヴィアで生じたような民族紛争が起こる要素はない。
rdfs:label
  • ハンガリー王国の歴史的地域
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of