Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハルポクラテース(古希: Ἁρποκράτης, Harpocratēs)はギリシア神話の沈黙の神で、古代エジプトのホルス神をギリシア化したものである。古代エジプトのホルスは生まれたての太陽、すなわち毎日昇ってくる朝日を表していた。アレクサンドロス3世によってエジプトが征服された後のヘレニズム期に、エジプト語の Har-pa-khered または Heru-pa-khered (「子供のホルス」の意)をギリシア語化してハルポクラテースと呼ぶようになった。長母音を省略してハルポクラテスとも表記される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2084041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54033561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハルポクラテース(古希: Ἁρποκράτης, Harpocratēs)はギリシア神話の沈黙の神で、古代エジプトのホルス神をギリシア化したものである。古代エジプトのホルスは生まれたての太陽、すなわち毎日昇ってくる朝日を表していた。アレクサンドロス3世によってエジプトが征服された後のヘレニズム期に、エジプト語の Har-pa-khered または Heru-pa-khered (「子供のホルス」の意)をギリシア語化してハルポクラテースと呼ぶようになった。長母音を省略してハルポクラテスとも表記される。
rdfs:label
  • ハルポクラテス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of