Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学におけるハルナックの不等式(ハルナックのふとうしき、英: Harnack's inequality)とは、ある正の調和函数の二点での値を関連付ける不等式で、A. Harnack (1887) によって導入された。J. Serrin (1955) と J. Moser (1961, 1964) はハルナックの不等式を、楕円型あるいは放物型偏微分方程式の解へと一般化した。ポアンカレ予想に対するグリゴリー・ペレルマンの解法では、R. Hamilton (1993) によって発見されたリッチフローに対するハルナックの不等式のある変形版が用いられている。ハルナックの不等式は、調和函数の列の収束に関するハルナックの定理を証明するためにも用いられる。また、ハルナックの不等式は、偏微分方程式の弱解の定義域の内部に正則性(ヘルダー条件)を示すことにも使われる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3036907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53114452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:authorlink
  • :en:Carl Gustav Axel Harnack
  • :en:James Serrin
  • :en:Jürgen Moser
prop-ja:first
  • L.P.
  • A.
  • J.
  • L.I.
prop-ja:id
  • H/h046600
  • h/h046620
prop-ja:last
  • Kuptsov
  • Harnack
  • Kamynin
  • Moser
  • Serrin
prop-ja:title
  • Harnack theorem
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1887 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1964 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学におけるハルナックの不等式(ハルナックのふとうしき、英: Harnack's inequality)とは、ある正の調和函数の二点での値を関連付ける不等式で、A. Harnack (1887) によって導入された。J. Serrin (1955) と J. Moser (1961, 1964) はハルナックの不等式を、楕円型あるいは放物型偏微分方程式の解へと一般化した。ポアンカレ予想に対するグリゴリー・ペレルマンの解法では、R. Hamilton (1993) によって発見されたリッチフローに対するハルナックの不等式のある変形版が用いられている。ハルナックの不等式は、調和函数の列の収束に関するハルナックの定理を証明するためにも用いられる。また、ハルナックの不等式は、偏微分方程式の弱解の定義域の内部に正則性(ヘルダー条件)を示すことにも使われる。
rdfs:label
  • ハルナックの不等式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of