Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハラール(アラビア語: حلال‎ Halāl)は、イスラム法で許された項目をいう。端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材や料理を指す。日本語に訳すと「合法的」という意味となる。なお、日本では「ハラル」と書くことも多い。反対に、口にすることを禁止されている物をハラーム(アラビア語: حرام‎ harām)と言い、この語は「禁じられた」という意味でハーレムと同じ語源である。イスラム法の下では豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に関して一定の作法が要求される。この作法が遵守された食品がハラールとされる。なお、ハラールとハラムの中間に疑わしいものシュブハ (Shubha) という概念がある。シュブハな食品はできるだけ食べることを避けることとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 610347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59117624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハラール(アラビア語: حلال‎ Halāl)は、イスラム法で許された項目をいう。端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材や料理を指す。日本語に訳すと「合法的」という意味となる。なお、日本では「ハラル」と書くことも多い。反対に、口にすることを禁止されている物をハラーム(アラビア語: حرام‎ harām)と言い、この語は「禁じられた」という意味でハーレムと同じ語源である。イスラム法の下では豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に関して一定の作法が要求される。この作法が遵守された食品がハラールとされる。なお、ハラールとハラムの中間に疑わしいものシュブハ (Shubha) という概念がある。シュブハな食品はできるだけ食べることを避けることとされている。
rdfs:label
  • ハラール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of