Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イランの都市ハラージュー(Kharājū、خراجو:東アーザルバーイジャーン州マラーゲ郡)。イランの一部(ゴム州・マルキャズィー州)で使用されている言語、ハラージュ語 (イラン)、ハラージュ語 (チュルク)。イラン出身で異端としてバグダードで磔刑となった9世紀のイスラーム神秘主義者ハッラージュ( アラビア語: الحلّاج‎ al-Ḥallāj, Abū al-Mughīth Abū `Abd Allāh al-Ḥusayn b. Manṣūr al-Bayḍāwī)。13世紀末にアラーウッディーン・ハルジー(ハラジュ Kharaj )が奴隷王朝を倒して北インドに建てたハルジー朝をハラージュ王朝と表記することがある。イスラーム法に定める地租のこと。本項目では、5.について説明する。ハラージュ(アラビア語: خراج‎ kharāj)は、イスラーム法における土地に対する課税のことであり、人頭税ジズヤ(アラビア語: جزية‎ jizya)に対して、土地や家畜に課する租税である。「地租」と翻訳されることも多い。歴史上、伝統的にイスラーム諸国家・イスラーム諸王朝の主要財源の一つとされてきた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2186352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55764317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イランの都市ハラージュー(Kharājū、خراجو:東アーザルバーイジャーン州マラーゲ郡)。イランの一部(ゴム州・マルキャズィー州)で使用されている言語、ハラージュ語 (イラン)、ハラージュ語 (チュルク)。イラン出身で異端としてバグダードで磔刑となった9世紀のイスラーム神秘主義者ハッラージュ( アラビア語: الحلّاج‎ al-Ḥallāj, Abū al-Mughīth Abū `Abd Allāh al-Ḥusayn b.
rdfs:label
  • ハラージュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of