Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハヌマーン(英語:2211 Hanuman)は小惑星帯に位置する小惑星。アメリカの天文学者リーランド・カニンガムがウィルソン山天文台で発見した。名前はインドの古典叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する、神通力を有した神猿ハヌマーンから命名された。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 961005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47728676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --12-12
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
prop-ja:元期
  • --04-10
prop-ja:公転周期
  • 5.670000 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • ハヌマーン
prop-ja:平均近点角
  • 336.100000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 146.090000 (xsd:double)
prop-ja:発見日
  • --11-26
prop-ja:発見者
prop-ja:絶対等級
  • 12.800000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星
prop-ja:英名
  • 2211 (xsd:integer)
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 17.302000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 3.181
prop-ja:近日点引数
  • 199.370000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 2.917
prop-ja:遠日点距離
  • 3.444
prop-ja:離心率
  • 0.083000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ハヌマーン(英語:2211 Hanuman)は小惑星帯に位置する小惑星。アメリカの天文学者リーランド・カニンガムがウィルソン山天文台で発見した。名前はインドの古典叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する、神通力を有した神猿ハヌマーンから命名された。
rdfs:label
  • ハヌマーン (小惑星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of