Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハナフィー学派(ハナフィーがくは)は、イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつ。ハナフィー派とも称される。一般に、もっとも寛容で近代的と見なされている。東地中海地域と北アフリカを中心に、中央アジア、パキスタン、インド、中国でも有力な学派である。現在全ムスリムのおよそ30パーセントがハナフィー派に属す。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 806556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58096171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 一般に、イスラーム法学の諸学派の中でもっとも寛容で近代的な学派であると見なされており、地中海の東部沿岸地域と北アフリカを中心に、中央アジア、パキスタン、インド、中国でも有力な学派である
  • 現在全ムスリムのおよそ30パーセントが本学派に属す
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハナフィー学派(ハナフィーがくは)は、イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつ。ハナフィー派とも称される。一般に、もっとも寛容で近代的と見なされている。東地中海地域と北アフリカを中心に、中央アジア、パキスタン、インド、中国でも有力な学派である。現在全ムスリムのおよそ30パーセントがハナフィー派に属す。
rdfs:label
  • ハナフィー学派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of