Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 株式会社ハタケヤマは、大阪市平野区に本社をおく野球用品メーカー。かつては、「虎印」の商標で知られる美津和タイガーのグラブを製造していた。1985年に自社初のオリジナルブランドとして、「ハタケヤマブランド」をスタート。やがて、日本の全都道府県で特約店を擁するまでになった。ちなみに、その年の2月には、美津和タイガーが倒産している(1996年に再建)。キャッチャーミットを中心に、グラブの製造・販売へ特に力を入れている野球用品メーカーで、すべてのグラブが職人の手作業で製造。2006年からは、前年まで3年間外野手として阪神タイガースに所属していた松下圭太が、グラブ作りに加わっている。ただし現在では、当社の技術を提供した台湾の工場でも一部の製品を作っている。「ハタケヤマブランド」として初めてオーダーを出したプロ野球選手は、阪神の主力選手だった真弓明信。同球団では、金本知憲や下柳剛も現役時代に当社製のグラブを使っていた。現在では、相川亮二(読売ジャイアンツ)・坂口智隆(オリックス・バファローズ)・炭谷銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)とアドバイザリープロスタッフ契約を結んでいる。2011年1月に、海外子会社の韓国ハタケヤマを設立した。同年の日本プロ野球開幕戦では、スタメンマスクをかぶった12名の捕手のうち、8名が当社製のキャッチャーミットを使用。さらに、当社製のプロテクターも併用した捕手が4名いた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1185970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58431298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 株式会社ハタケヤマは、大阪市平野区に本社をおく野球用品メーカー。かつては、「虎印」の商標で知られる美津和タイガーのグラブを製造していた。1985年に自社初のオリジナルブランドとして、「ハタケヤマブランド」をスタート。やがて、日本の全都道府県で特約店を擁するまでになった。ちなみに、その年の2月には、美津和タイガーが倒産している(1996年に再建)。キャッチャーミットを中心に、グラブの製造・販売へ特に力を入れている野球用品メーカーで、すべてのグラブが職人の手作業で製造。2006年からは、前年まで3年間外野手として阪神タイガースに所属していた松下圭太が、グラブ作りに加わっている。ただし現在では、当社の技術を提供した台湾の工場でも一部の製品を作っている。「ハタケヤマブランド」として初めてオーダーを出したプロ野球選手は、阪神の主力選手だった真弓明信。同球団では、金本知憲や下柳剛も現役時代に当社製のグラブを使っていた。現在では、相川亮二(読売ジャイアンツ)・坂口智隆(オリックス・バファローズ)・炭谷銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)とアドバイザリープロスタッフ契約を結んでいる。2011年1月に、海外子会社の韓国ハタケヤマを設立した。同年の日本プロ野球開幕戦では、スタメンマスクをかぶった12名の捕手のうち、8名が当社製のキャッチャーミットを使用。さらに、当社製のプロテクターも併用した捕手が4名いた。
rdfs:label
  • ハタケヤマ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of