Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハザーラ人(ハザーラじん、ペルシア語: هزاره‎、Hazāra)は、中央アジアのアフガニスタンを中心に居住する民族である。アフガニスタン中部バーミヤーン周辺に分布するイラン系の民族で、人種的にはモンゴロイドに少しコーカソイドが混じる。シーア派のイスラームを信仰する。彼らが用いるダリー語にはモンゴル語起源の単語が多いため、13世紀、チンギス・ハーンに率いられてアフガニスタンにやってきたモンゴル人の末裔だと言われている。国を建てたことはないが、宗教的な関係から隣国のイランと友好関係にある。アフガニスタンにおける人口比は1割程度の少数派で、外見的特徴がモンゴロイドである上シーア派であるために(1931年の憲法にスンナ派ハナフィー法学派を国教と明記されていた時代も長かった。)差別を受け、虐殺された歴史もある。現在でも差別されており、カーブル市内の清掃労働者などは、彼らが担っている場合が多い。ターリバーンが爆破したバーミヤンの石仏は、彼らの居住地域にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58567765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハザーラ人(ハザーラじん、ペルシア語: هزاره‎、Hazāra)は、中央アジアのアフガニスタンを中心に居住する民族である。アフガニスタン中部バーミヤーン周辺に分布するイラン系の民族で、人種的にはモンゴロイドに少しコーカソイドが混じる。シーア派のイスラームを信仰する。彼らが用いるダリー語にはモンゴル語起源の単語が多いため、13世紀、チンギス・ハーンに率いられてアフガニスタンにやってきたモンゴル人の末裔だと言われている。国を建てたことはないが、宗教的な関係から隣国のイランと友好関係にある。アフガニスタンにおける人口比は1割程度の少数派で、外見的特徴がモンゴロイドである上シーア派であるために(1931年の憲法にスンナ派ハナフィー法学派を国教と明記されていた時代も長かった。)差別を受け、虐殺された歴史もある。現在でも差別されており、カーブル市内の清掃労働者などは、彼らが担っている場合が多い。ターリバーンが爆破したバーミヤンの石仏は、彼らの居住地域にある。
rdfs:label
  • ハザーラ人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:related of
is foaf:primaryTopic of