ハエ(蠅・蝿)は、ハエ目(双翅目:そうしもく)に属する昆虫のうち、ハエ亜目(短角亜目)・環縫短角群(かんぽうたんかくぐん)・ハエ下目(Muscomorpha)に属するものの総称である。日本だけで、60ほどの科と、そこに属する3,000種近い種が存在する。 成虫は一般にコンパクトな胴体、よく発達した前翅、後翅が変化した平均棍を持つ。飛翔能力は昆虫類の中でも非常に高い部類で、空間に完全に固定されたかのようなホバリングや、高速での急激な方向転換など、複雑で敏捷な飛翔をこなせるものが多い。「短角亜目」という名の通り触角は通常短い。 羽化の際にはさなぎの背中が縦に割れずに環状に開く。このためさなぎの縫い目が環状になっているとの意で「環縫短角群 」、あるいは単に「環縫群」「環縫類」とも呼ばれる。アブは通常ハエとは別の直縫短角群を指す呼称だが、「アブ」と名のつくもののうちハナアブ科やアタマアブ科などはハエの仲間であり、逆に「ハエ」と名のつくもののうち、アシナガバエ科やオドリバエ科などはアブの仲間である。

Property Value
dbo:abstract
  • ハエ(蠅・蝿)は、ハエ目(双翅目:そうしもく)に属する昆虫のうち、ハエ亜目(短角亜目)・環縫短角群(かんぽうたんかくぐん)・ハエ下目(Muscomorpha)に属するものの総称である。日本だけで、60ほどの科と、そこに属する3,000種近い種が存在する。 成虫は一般にコンパクトな胴体、よく発達した前翅、後翅が変化した平均棍を持つ。飛翔能力は昆虫類の中でも非常に高い部類で、空間に完全に固定されたかのようなホバリングや、高速での急激な方向転換など、複雑で敏捷な飛翔をこなせるものが多い。「短角亜目」という名の通り触角は通常短い。 羽化の際にはさなぎの背中が縦に割れずに環状に開く。このためさなぎの縫い目が環状になっているとの意で「環縫短角群 」、あるいは単に「環縫群」「環縫類」とも呼ばれる。アブは通常ハエとは別の直縫短角群を指す呼称だが、「アブ」と名のつくもののうちハナアブ科やアタマアブ科などはハエの仲間であり、逆に「ハエ」と名のつくもののうち、アシナガバエ科やオドリバエ科などはアブの仲間である。 (ja)
  • ハエ(蠅・蝿)は、ハエ目(双翅目:そうしもく)に属する昆虫のうち、ハエ亜目(短角亜目)・環縫短角群(かんぽうたんかくぐん)・ハエ下目(Muscomorpha)に属するものの総称である。日本だけで、60ほどの科と、そこに属する3,000種近い種が存在する。 成虫は一般にコンパクトな胴体、よく発達した前翅、後翅が変化した平均棍を持つ。飛翔能力は昆虫類の中でも非常に高い部類で、空間に完全に固定されたかのようなホバリングや、高速での急激な方向転換など、複雑で敏捷な飛翔をこなせるものが多い。「短角亜目」という名の通り触角は通常短い。 羽化の際にはさなぎの背中が縦に割れずに環状に開く。このためさなぎの縫い目が環状になっているとの意で「環縫短角群 」、あるいは単に「環縫群」「環縫類」とも呼ばれる。アブは通常ハエとは別の直縫短角群を指す呼称だが、「アブ」と名のつくもののうちハナアブ科やアタマアブ科などはハエの仲間であり、逆に「ハエ」と名のつくもののうち、アシナガバエ科やオドリバエ科などはアブの仲間である。 (ja)
dbo:order
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 8306 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26375 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80329104 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:fossilRange
  • (三畳紀中期 - 現世) (ja)
  • (三畳紀中期 - 現世) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • * 無額嚢節 Aschiza * 額嚢節 Schizophora (ja)
  • * 無額嚢節 Aschiza * 額嚢節 Schizophora (ja)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
prop-ja:亜目
prop-ja:亜目階級なし
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
prop-ja:名称
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ニクバエの一種 Sarcophaga carnaria (ja)
  • ニクバエの一種 Sarcophaga carnaria (ja)
prop-ja:
prop-ja:省略
  • 昆虫綱 (ja)
  • 昆虫綱 (ja)
dc:description
  • ニクバエの一種 Sarcophaga carnaria
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ハエ(蠅・蝿)は、ハエ目(双翅目:そうしもく)に属する昆虫のうち、ハエ亜目(短角亜目)・環縫短角群(かんぽうたんかくぐん)・ハエ下目(Muscomorpha)に属するものの総称である。日本だけで、60ほどの科と、そこに属する3,000種近い種が存在する。 成虫は一般にコンパクトな胴体、よく発達した前翅、後翅が変化した平均棍を持つ。飛翔能力は昆虫類の中でも非常に高い部類で、空間に完全に固定されたかのようなホバリングや、高速での急激な方向転換など、複雑で敏捷な飛翔をこなせるものが多い。「短角亜目」という名の通り触角は通常短い。 羽化の際にはさなぎの背中が縦に割れずに環状に開く。このためさなぎの縫い目が環状になっているとの意で「環縫短角群 」、あるいは単に「環縫群」「環縫類」とも呼ばれる。アブは通常ハエとは別の直縫短角群を指す呼称だが、「アブ」と名のつくもののうちハナアブ科やアタマアブ科などはハエの仲間であり、逆に「ハエ」と名のつくもののうち、アシナガバエ科やオドリバエ科などはアブの仲間である。 (ja)
  • ハエ(蠅・蝿)は、ハエ目(双翅目:そうしもく)に属する昆虫のうち、ハエ亜目(短角亜目)・環縫短角群(かんぽうたんかくぐん)・ハエ下目(Muscomorpha)に属するものの総称である。日本だけで、60ほどの科と、そこに属する3,000種近い種が存在する。 成虫は一般にコンパクトな胴体、よく発達した前翅、後翅が変化した平均棍を持つ。飛翔能力は昆虫類の中でも非常に高い部類で、空間に完全に固定されたかのようなホバリングや、高速での急激な方向転換など、複雑で敏捷な飛翔をこなせるものが多い。「短角亜目」という名の通り触角は通常短い。 羽化の際にはさなぎの背中が縦に割れずに環状に開く。このためさなぎの縫い目が環状になっているとの意で「環縫短角群 」、あるいは単に「環縫群」「環縫類」とも呼ばれる。アブは通常ハエとは別の直縫短角群を指す呼称だが、「アブ」と名のつくもののうちハナアブ科やアタマアブ科などはハエの仲間であり、逆に「ハエ」と名のつくもののうち、アシナガバエ科やオドリバエ科などはアブの仲間である。 (ja)
rdfs:label
  • ハエ (ja)
  • ハエ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 昆虫綱 (ja)
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
  • 昆虫綱 (ja)
  • ハエ下目 Muscomorpha (ja)
  • 環縫短角群 Cyclorrhapha (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:shortsummary of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of