Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハインリヒ獅子公(Heinrich der Löwe, 1129年 - 1195年8月6日)は、神聖ローマ帝国の領邦君主の1人で、ザクセン公(ハインリヒ3世、在位:1142年 - 1180年)、バイエルン公(ハインリヒ12世、在位:1156年 - 1180年)。1180年に従兄の神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世に2つの公領を奪われるまでは当時最も権力を持ったドイツの君主の1人だった。最盛期には北海及びバルト海沿岸からアルプス山脈まで、ヴェストファーレンからポンメルンまでの広大な領土を統治した。ハインリヒは自身の政治的、軍事的な洞察力と4人の祖父母の遺産によって強大な権力と領地を獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1030829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55895287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハインリヒ獅子公(Heinrich der Löwe, 1129年 - 1195年8月6日)は、神聖ローマ帝国の領邦君主の1人で、ザクセン公(ハインリヒ3世、在位:1142年 - 1180年)、バイエルン公(ハインリヒ12世、在位:1156年 - 1180年)。1180年に従兄の神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世に2つの公領を奪われるまでは当時最も権力を持ったドイツの君主の1人だった。最盛期には北海及びバルト海沿岸からアルプス山脈まで、ヴェストファーレンからポンメルンまでの広大な領土を統治した。ハインリヒは自身の政治的、軍事的な洞察力と4人の祖父母の遺産によって強大な権力と領地を獲得した。
rdfs:label
  • ハインリヒ3世 (ザクセン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of