Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハイドンの名によるメヌエット(Menuet sur le nom d'Haydn)は、モーリス・ラヴェルが1909年に作曲したピアノ独奏曲である。1909年はフランツ・ヨーゼフ・ハイドン没後100年に当たるため、パリの音楽雑誌「レヴュー・ミュジカル」は没後100周年記念号を企画し、6人の作曲家に「ハイドン」にちなんだピアノ曲を作曲するよう依頼した。その1人がラヴェルであり、他には次の5人が依頼に応じた。クロード・ドビュッシー - 「ハイドンを讃えて」ポール・デュカス - 「ハイドンの名による悲歌的前奏曲」レイナルド・アーン - 「ハイドンの名による主題と変奏」ヴァンサン・ダンディ - 「ハイドンの名によるメヌエット」 Op.94シャルル=マリー・ヴィドール - 「ハイドンの名によるフーガ」それらの作品は「レヴュー・ミュジカル」の1910年1月15日号に掲載された。ラヴェルの作品は1910年にデュラン社から出版され、翌1911年3月11日にパリのサル・プレイエルでの国民音楽協会コンサートで、エヌモン・トリラのピアノ独奏により初演された。現在ではデュラン社より、ラヴェル、ドビュッシー、デュカスの3作品を1冊にまとめた楽譜が出版されている。この他にも様々な出版社から楽譜が出版されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 500110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58483308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • ハイドンの名によるメヌエット
prop-ja:id
  • Menuet sur le nom d'Haydn
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハイドンの名によるメヌエット(Menuet sur le nom d'Haydn)は、モーリス・ラヴェルが1909年に作曲したピアノ独奏曲である。1909年はフランツ・ヨーゼフ・ハイドン没後100年に当たるため、パリの音楽雑誌「レヴュー・ミュジカル」は没後100周年記念号を企画し、6人の作曲家に「ハイドン」にちなんだピアノ曲を作曲するよう依頼した。その1人がラヴェルであり、他には次の5人が依頼に応じた。クロード・ドビュッシー - 「ハイドンを讃えて」ポール・デュカス - 「ハイドンの名による悲歌的前奏曲」レイナルド・アーン - 「ハイドンの名による主題と変奏」ヴァンサン・ダンディ - 「ハイドンの名によるメヌエット」 Op.94シャルル=マリー・ヴィドール - 「ハイドンの名によるフーガ」それらの作品は「レヴュー・ミュジカル」の1910年1月15日号に掲載された。ラヴェルの作品は1910年にデュラン社から出版され、翌1911年3月11日にパリのサル・プレイエルでの国民音楽協会コンサートで、エヌモン・トリラのピアノ独奏により初演された。現在ではデュラン社より、ラヴェル、ドビュッシー、デュカスの3作品を1冊にまとめた楽譜が出版されている。この他にも様々な出版社から楽譜が出版されている。
rdfs:label
  • ハイドンの名によるメヌエット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of