Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky、1928年12月7日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。彼は50年以上在籍するマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授 (Institute Professor) 兼名誉教授である。言語学者・教育学者キャロル・チョムスキーは彼の妻である。彼の業績は言語学分野にとどまらず、戦争・政治・マスメディアなどに関する100冊以上の著作を発表している。1992年のA&HCIによると、1980年から1992年にかけてチョムスキーは、存命中の学者としては最も多く、全体でも8番目に多い頻度で引用された。彼は文化論における巨魁と表現され、2005年には投票で「世界最高の論客」 (world's top public intellectual) に選ばれた。チョムスキーは「現代言語学の父」と評され、また分析哲学の第一人者と見なされる。彼は、コンピュータサイエンスや数学、心理学の分野などにも影響を与えた。言語学関連の初の書籍を発行した後、チョムスキーはベトナム戦争の有名な批判家となり、政治批評の本を発表し続けた。彼はアメリカの外交政策国家資本主義、報道機関等の批判で有名になった。エドワード・S・ハーマンとの1988年の共著『Manufacturing Consent: The Political Economy of the Mass Media』など彼のマス・メディア批判は、マスメディアなどにおけるプロパガンダ・モデル理論を明確に分析した。彼は自らの視点を「啓蒙主義や古典的自由主義に起源を持つ、中核的かつ伝統的なアナキズム」と述べた。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1928-12-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:birthYear
  • 1928-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 41838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58397251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1928-12-07 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・ペンシルベニア州フィラデルフィア
prop-ja:era
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:imageCaption
  • チョムスキー
prop-ja:imageName
  • Chomsky.jpg
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • Avram Noam Chomsky
  • エイヴラム・ノーム・チョムスキー
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky、1928年12月7日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。彼は50年以上在籍するマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授 (Institute Professor) 兼名誉教授である。言語学者・教育学者キャロル・チョムスキーは彼の妻である。彼の業績は言語学分野にとどまらず、戦争・政治・マスメディアなどに関する100冊以上の著作を発表している。1992年のA&HCIによると、1980年から1992年にかけてチョムスキーは、存命中の学者としては最も多く、全体でも8番目に多い頻度で引用された。彼は文化論における巨魁と表現され、2005年には投票で「世界最高の論客」 (world's top public intellectual) に選ばれた。チョムスキーは「現代言語学の父」と評され、また分析哲学の第一人者と見なされる。彼は、コンピュータサイエンスや数学、心理学の分野などにも影響を与えた。言語学関連の初の書籍を発行した後、チョムスキーはベトナム戦争の有名な批判家となり、政治批評の本を発表し続けた。彼はアメリカの外交政策国家資本主義、報道機関等の批判で有名になった。エドワード・S・ハーマンとの1988年の共著『Manufacturing Consent: The Political Economy of the Mass Media』など彼のマス・メディア批判は、マスメディアなどにおけるプロパガンダ・モデル理論を明確に分析した。彼は自らの視点を「啓蒙主義や古典的自由主義に起源を持つ、中核的かつ伝統的なアナキズム」と述べた。
rdfs:label
  • ノーム・チョムスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Avram Noam Chomsky
  • エイヴラム・ノーム・チョムスキー
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of