Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノーススターエンジン(英:Northstar engine)は、米国ゼネラルモーターズ(GM)のV型、8気筒、DOHCガソリンエンジンである。オールアルミニウムエンジンと称しているが、シリンダーには鋳鉄ライナーが挿入されている。同時期に開発、生産されたBMWのV8やJaguarのV8はシリンダー内壁にニカシル(Nikasil)が生成されていたことと対照的である。スタータ(セルモーター)は、吸気マニフォールド下の左右バンクの間に位置しており、外気にさらされたりしないような構造である。またキャメルモードという、冷却水が完全に失われた場合でもエンジンの運行を続けられるような機能が搭載されている。キャメルモードでは、シリンダーを互い違いに止め(ガソリンの燃焼を止めるだけでシリンダーの機械的な動きまで止めている訳ではない)、その休止状態のシリンダーを介して空気を循環させることで、動作中のシリンダーや他のエンジン部分を空冷する。これにより、エンジンのオーバーヒートを避けながら、低出力ながらも車の運行を継続することができるようになっている。1993年型キャデラック(キャディラック)アランテに初めて搭載された。「ノーススター」とはノーススターシステムを指し、これはエンジン・トランスミッション・サスペンション・ブレーキシステム・車載コンピュータからなる。車載コンピュータがこれらの要素を統合制御することで車の安全性を向上するためのシステムであり、ノーススターエンジンとは、そのエンジン部分を指す。現在はキャデラックだけでなく、ビュイックルサーン(CXS)にも搭載されている。ノーススターエンジンは現在までに大まかに3世代ある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1134662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52020971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ノーススターエンジン(英:Northstar engine)は、米国ゼネラルモーターズ(GM)のV型、8気筒、DOHCガソリンエンジンである。オールアルミニウムエンジンと称しているが、シリンダーには鋳鉄ライナーが挿入されている。同時期に開発、生産されたBMWのV8やJaguarのV8はシリンダー内壁にニカシル(Nikasil)が生成されていたことと対照的である。スタータ(セルモーター)は、吸気マニフォールド下の左右バンクの間に位置しており、外気にさらされたりしないような構造である。またキャメルモードという、冷却水が完全に失われた場合でもエンジンの運行を続けられるような機能が搭載されている。キャメルモードでは、シリンダーを互い違いに止め(ガソリンの燃焼を止めるだけでシリンダーの機械的な動きまで止めている訳ではない)、その休止状態のシリンダーを介して空気を循環させることで、動作中のシリンダーや他のエンジン部分を空冷する。これにより、エンジンのオーバーヒートを避けながら、低出力ながらも車の運行を継続することができるようになっている。1993年型キャデラック(キャディラック)アランテに初めて搭載された。「ノーススター」とはノーススターシステムを指し、これはエンジン・トランスミッション・サスペンション・ブレーキシステム・車載コンピュータからなる。車載コンピュータがこれらの要素を統合制御することで車の安全性を向上するためのシステムであり、ノーススターエンジンとは、そのエンジン部分を指す。現在はキャデラックだけでなく、ビュイックルサーン(CXS)にも搭載されている。ノーススターエンジンは現在までに大まかに3世代ある。
rdfs:label
  • ノーススターエンジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of