Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノーサンバーランド公爵(英:Duke of Northumberland)は、イングランドにおける公爵位の一つ。1551年にエドワード6世によってジョン・ダドリーのために創設されたことにはじまる。エドワード6世が夭折すると、ダドリーは息子の一人ギルフォードの妻ジェーン・グレイを女王に推戴したが、メアリー1世によって国家反逆罪により処刑され、爵位は消滅した。1674年にジョージ・フィツロイが授爵したが、子がなく断絶した。1766年には全く系統の異なるパーシー伯家が公爵に陞爵されたことにともないノーサンバーランド公が叙爵され、これが現在に至っている。居城はノーサンバーランド、アニック(Alnwick)のアニック・カースルで、ロンドンにおける邸宅はブレントフォードのサイオン・ハウスである。付随する爵位はノーサンバーランド伯爵、パーシー伯爵、ベヴァリー伯爵、ワークワース男爵、アニックのロヴァイン男爵である。これらの爵位は全てグレートブリテン貴族に属している。後継者はパーシー伯爵を儀礼称号として使用している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 521414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59226016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:creationDate
  • --10-22
prop-ja:firstHolder
prop-ja:monarch
prop-ja:name
  • Duke of Northumberland
  • ノーサンバーランド公爵
prop-ja:peerage
prop-ja:remainderTo
  • 初代公の直系の嫡出の男系男子(the 1st Duke's heirs male of the body lawfully begotten)
prop-ja:subsidiaryTitles
  • ノーサンバーランド伯爵、パーシー伯爵、、、ワークワース男爵、ロヴェイン男爵、
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ノーサンバーランド公爵(英:Duke of Northumberland)は、イングランドにおける公爵位の一つ。1551年にエドワード6世によってジョン・ダドリーのために創設されたことにはじまる。エドワード6世が夭折すると、ダドリーは息子の一人ギルフォードの妻ジェーン・グレイを女王に推戴したが、メアリー1世によって国家反逆罪により処刑され、爵位は消滅した。1674年にジョージ・フィツロイが授爵したが、子がなく断絶した。1766年には全く系統の異なるパーシー伯家が公爵に陞爵されたことにともないノーサンバーランド公が叙爵され、これが現在に至っている。居城はノーサンバーランド、アニック(Alnwick)のアニック・カースルで、ロンドンにおける邸宅はブレントフォードのサイオン・ハウスである。付随する爵位はノーサンバーランド伯爵、パーシー伯爵、ベヴァリー伯爵、ワークワース男爵、アニックのロヴァイン男爵である。これらの爵位は全てグレートブリテン貴族に属している。後継者はパーシー伯爵を儀礼称号として使用している。
rdfs:label
  • ノーサンバーランド公爵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of