Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノンワーキング・リッチとは現代社会において使われている社会人を表す言葉の一つ。池田信夫による造語。これは企業において社員として通勤はしているが、会社ではほとんど仕事をしていないというのに高給を得ているような地位の者のことである。このような者はブラック企業とされているような企業で多く見られているとのことであり、そのような企業では多くの社員は激務を押し付けられているというのに薄給であるといういわゆるワーキングプアであり、そんなワーキングプアの上にノンワーキング・リッチという正反対の地位が成り立っているとのことである。このようなノンワーキング・リッチというのは中高年の社員に多く見られており、このような人物が存在している背景には日本企業の特徴である年功序列や終身雇用制などという制度が存在しており、現代の企業もこれらを実施しているがゆえに高齢で成果を出せない高給の社員が会社にいるということになっているわけである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1930767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55080418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ノンワーキング・リッチとは現代社会において使われている社会人を表す言葉の一つ。池田信夫による造語。これは企業において社員として通勤はしているが、会社ではほとんど仕事をしていないというのに高給を得ているような地位の者のことである。このような者はブラック企業とされているような企業で多く見られているとのことであり、そのような企業では多くの社員は激務を押し付けられているというのに薄給であるといういわゆるワーキングプアであり、そんなワーキングプアの上にノンワーキング・リッチという正反対の地位が成り立っているとのことである。このようなノンワーキング・リッチというのは中高年の社員に多く見られており、このような人物が存在している背景には日本企業の特徴である年功序列や終身雇用制などという制度が存在しており、現代の企業もこれらを実施しているがゆえに高齢で成果を出せない高給の社員が会社にいるということになっているわけである。
rdfs:label
  • ノンワーキングリッチ
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of