Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノモンハン事件(ノモンハンじけん)は、1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争で、1930年代に大日本帝国とソビエト連邦間で断続的に発生した日ソ国境紛争(満蒙国境紛争)のひとつ。満州国軍とモンゴル人民共和国軍の衝突に端を発し、両国の後ろ盾となった大日本帝国陸軍とソビエト労農赤軍が戦闘を展開し、一連の日ソ国境紛争のなかでも最大規模の軍事衝突となった。清朝が1734年(雍正十二年)に定めたハルハ東端部(外蒙古)とホロンバイル草原南部の新バルガ(内蒙古)との境界は、モンゴルの独立宣言(1913年)以後も、モンゴルと中華民国の間で踏襲されてきた。しかし、1932年(昭和7年)に成立した満洲国は、ホロンバイルの南方境界について従来の境界から10-20キロほど南方に位置するハルハ河を境界と主張、以後この地は国境係争地となった。1939年(昭和14年)5月、フルンボイル平原のノモンハン周辺でモンゴル軍と満州国軍の国境警備隊の交戦をきっかけに、日本軍とソ連軍がそれぞれ兵力を派遣し、大規模な戦闘に発展した。
dbpedia-owl:casualties
  • 165 (xsd:integer)
  • 391 (xsd:integer)
  • 8440 (xsd:integer)
  • 8864 (xsd:integer)
  • 9703 (xsd:integer)
  • 15952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • 25pxモンゴル人民共和国
dbpedia-owl:description
  • (ソビエトのノモンハン作戦図)
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:result
  • ソビエト連邦の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 8月20日時点で「5万よりはるかに少ない数」。累計出動人数約7万5千
  • 8月20日時点で51,950
  • 装甲車両 約1000両
  • 装甲車両 約100両
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 76183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 44172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59010637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • ノモンハン事件
prop-ja:campaign
  • 日ソ国境紛争
prop-ja:caption
  • (ソビエトのノモンハン作戦図)
prop-ja:casualties
  • 日本軍
  • ソ連軍
  • 戦傷 15,952
  • 戦傷 391
  • 戦傷 8,864
  • 戦死 165
  • 戦死 8,440
  • 戦死 9,703
  • 戦車 約30輌
  • 戦車及び装甲車輌 約400輌
  • 航空機 約160機
  • 航空機 約360機 モンゴル軍
prop-ja:colourScheme
  • background:#DCDCDC
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • ゲオルギー・ジューコフ
  • 小松原道太郎
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --01-01
  • --05-11
prop-ja:place
  • 満蒙国境
prop-ja:result
  • ソビエト連邦の勝利
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • --08-20
  • 装甲車両 約1000両
  • 装甲車両 約100両
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ノモンハン事件(ノモンハンじけん)は、1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争で、1930年代に大日本帝国とソビエト連邦間で断続的に発生した日ソ国境紛争(満蒙国境紛争)のひとつ。満州国軍とモンゴル人民共和国軍の衝突に端を発し、両国の後ろ盾となった大日本帝国陸軍とソビエト労農赤軍が戦闘を展開し、一連の日ソ国境紛争のなかでも最大規模の軍事衝突となった。清朝が1734年(雍正十二年)に定めたハルハ東端部(外蒙古)とホロンバイル草原南部の新バルガ(内蒙古)との境界は、モンゴルの独立宣言(1913年)以後も、モンゴルと中華民国の間で踏襲されてきた。しかし、1932年(昭和7年)に成立した満洲国は、ホロンバイルの南方境界について従来の境界から10-20キロほど南方に位置するハルハ河を境界と主張、以後この地は国境係争地となった。1939年(昭和14年)5月、フルンボイル平原のノモンハン周辺でモンゴル軍と満州国軍の国境警備隊の交戦をきっかけに、日本軍とソ連軍がそれぞれ兵力を派遣し、大規模な戦闘に発展した。
rdfs:label
  • ノモンハン事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ノモンハン事件
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦闘 of
is foaf:primaryTopic of