Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノウ・ナッシング(英: Know Nothing)は、1850年代に外国人排斥を掲げたアメリカ合衆国の政治的会派による運動の名称であり、政党名あるいは団体名として使われることもある。その訴えたものは移民の政治的抑制と反カトリック教会感情であり、時として標的にした集団に対する暴力沙汰を起こした。当時、非常に多くのドイツ系やアイルランド系のカトリック教徒移民がアメリカ合衆国に渡っていたので、一般大衆の頭には、これら移民によって国内が席捲されてしまうという恐怖があった。これら移民は、アメリカ合衆国の共和主義の価値観に敵対し、ローマの教皇によって操られていると見なされることが多かった。ノウ・ナッシングの活動は1854年から1856年にかけて盛り上がり、移民の入国や帰化を抑制しようとしたが、ほとんど成功しなかった。運動に参加した者達はイギリス系の血を引くプロテスタントの男性に限られていた。著名な指導者は居らず、大部分が中流階級だった。当時の政治的問題の焦点だった奴隷制度への対応で分裂した。外国人排斥主義者は1843年のニューヨーク州で、「アメリカ共和党」として政治活動を行うようになった。「ネイティブ・アメリカン党」として周辺の州に広がり、アメリカ合衆国生まれの白人に訴えて、1844年の選挙では数千票を集めた。しかし、歴史家のタイラー・アンバインダーは、「ネイティブ・アメリカン党」が1850年代の選挙でノウ・ナッシングとは別の候補を立てたので、同じ会派と見るべきではないと警告している。1850年代前半、多くの反カトリック教会秘密結社が登場し、その中でも「オーダー・オブ・ユナイテッド・アメリカン」と「オーダー・オブ・スター・スパングルド・バナー」が重要な存在になった。彼等は1850年代前半のニューヨーク州で秘密結社として合流し、急速にアメリカ合衆国北部中に広がり、特に中流の下の階級あるいは熟練労働者が多かったプロテスタントの間に浸透した。部外者が彼等のことを「ノウ・ナッシング」と呼んだので、その名称が定着した。1855年、ノウ・ナッシングは「アメリカン党」の名称で初めて政治の世界に入った。「ノウ・ナッシング」の語源は党の半秘密的組織の中にあった。党員がその活動について問われたときに、"I know nothing"(何も知らない)と答えることが期待されたからだった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2528872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59050359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • waa01
prop-ja:name
  • American Party
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ノウ・ナッシング(英: Know Nothing)は、1850年代に外国人排斥を掲げたアメリカ合衆国の政治的会派による運動の名称であり、政党名あるいは団体名として使われることもある。その訴えたものは移民の政治的抑制と反カトリック教会感情であり、時として標的にした集団に対する暴力沙汰を起こした。当時、非常に多くのドイツ系やアイルランド系のカトリック教徒移民がアメリカ合衆国に渡っていたので、一般大衆の頭には、これら移民によって国内が席捲されてしまうという恐怖があった。これら移民は、アメリカ合衆国の共和主義の価値観に敵対し、ローマの教皇によって操られていると見なされることが多かった。ノウ・ナッシングの活動は1854年から1856年にかけて盛り上がり、移民の入国や帰化を抑制しようとしたが、ほとんど成功しなかった。運動に参加した者達はイギリス系の血を引くプロテスタントの男性に限られていた。著名な指導者は居らず、大部分が中流階級だった。当時の政治的問題の焦点だった奴隷制度への対応で分裂した。外国人排斥主義者は1843年のニューヨーク州で、「アメリカ共和党」として政治活動を行うようになった。「ネイティブ・アメリカン党」として周辺の州に広がり、アメリカ合衆国生まれの白人に訴えて、1844年の選挙では数千票を集めた。しかし、歴史家のタイラー・アンバインダーは、「ネイティブ・アメリカン党」が1850年代の選挙でノウ・ナッシングとは別の候補を立てたので、同じ会派と見るべきではないと警告している。1850年代前半、多くの反カトリック教会秘密結社が登場し、その中でも「オーダー・オブ・ユナイテッド・アメリカン」と「オーダー・オブ・スター・スパングルド・バナー」が重要な存在になった。彼等は1850年代前半のニューヨーク州で秘密結社として合流し、急速にアメリカ合衆国北部中に広がり、特に中流の下の階級あるいは熟練労働者が多かったプロテスタントの間に浸透した。部外者が彼等のことを「ノウ・ナッシング」と呼んだので、その名称が定着した。1855年、ノウ・ナッシングは「アメリカン党」の名称で初めて政治の世界に入った。「ノウ・ナッシング」の語源は党の半秘密的組織の中にあった。党員がその活動について問われたときに、"I know nothing"(何も知らない)と答えることが期待されたからだった。
rdfs:label
  • ノウ・ナッシング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:party of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:所属政党 of
is foaf:primaryTopic of