Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネヘレニアあるいはネハレニア(NehalenniaあるいはNehalenia)は、ケルト民族の女神。紀元後の早い時期に北海沿岸で崇拝されていた、北海を航海する人々の守り神であった。オランダのアントウェルペンには、現在は海面下に沈んでしまった、ネヘレニアの神殿があったとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1234583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47357575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネヘレニアあるいはネハレニア(NehalenniaあるいはNehalenia)は、ケルト民族の女神。紀元後の早い時期に北海沿岸で崇拝されていた、北海を航海する人々の守り神であった。オランダのアントウェルペンには、現在は海面下に沈んでしまった、ネヘレニアの神殿があったとされている。
rdfs:label
  • ネヘレニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of