Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネストリウス(ラテン語: Nestorius, ギリシア語: Νεστόριος、381年? - 451年?)は、シリアのアンティオキア学派に属するコンスタンティノープル大主教。キリスト教ネストリウス派の祖とされる。428年にコンスタンチノープルの大主教となったが、イエス・キリストの神性と人性を区別し、イエス・キリストの母マリアは神の母(聖母)ではないとする説を説いた。そのため、431年のエフェソス公会議でネストリウスの説は異端とされ、国外追放となり、エジプトへ移った。なおネストリウスの説は451年のカルケドン公会議において改めて異端とされた。ネストリウスが異端認定された後、彼の弟子たちは帝国の東部で伝道を続けることとなるが、やがて、ネストリウス派を支持する勢力はペルシャ、インド、中国まで拡大し、中国では景教と呼称されるまでになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1908789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56769337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネストリウス(ラテン語: Nestorius, ギリシア語: Νεστόριος、381年? - 451年?)は、シリアのアンティオキア学派に属するコンスタンティノープル大主教。キリスト教ネストリウス派の祖とされる。428年にコンスタンチノープルの大主教となったが、イエス・キリストの神性と人性を区別し、イエス・キリストの母マリアは神の母(聖母)ではないとする説を説いた。そのため、431年のエフェソス公会議でネストリウスの説は異端とされ、国外追放となり、エジプトへ移った。なおネストリウスの説は451年のカルケドン公会議において改めて異端とされた。ネストリウスが異端認定された後、彼の弟子たちは帝国の東部で伝道を続けることとなるが、やがて、ネストリウス派を支持する勢力はペルシャ、インド、中国まで拡大し、中国では景教と呼称されるまでになった。
rdfs:label
  • ネストリウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of