ネギ(葱、学名: Allium fistulosum)は、原産地を中国西部・中央アジアとする植物である。東アジアでは食用に栽培されており、日本では野菜の一つとして扱われている。クロンキスト体系ではユリ科とされていたが、APG植物分類体系ではヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属に分類される。種小名のfistulosumはラテン語で「中空の」という意味。 日本の古名では「冬葱」「比止毛之」「祢木」とされ、「き(紀)」ともいう。別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言う。ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれる。「擬宝珠」は別科別属の植物「ギボウシ(ギボシ)」も表す。萌葱色は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことである。 英語ではWelsh onionと呼ばれることがあるが、本種は英国のウェールズ原産ではなく、ウェールズ料理で特に一般的に使われることもない。この場合の "Welsh" はドイツ語の "welsch" に由来し「外国の」という意味である。ウェールズで一般的な類似のネギ属の野菜で、国章にもなっているのは、リーキ A. ampeloprasumである。

Property Value
dbo:abstract
  • ネギ(葱、学名: Allium fistulosum)は、原産地を中国西部・中央アジアとする植物である。東アジアでは食用に栽培されており、日本では野菜の一つとして扱われている。クロンキスト体系ではユリ科とされていたが、APG植物分類体系ではヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属に分類される。種小名のfistulosumはラテン語で「中空の」という意味。 日本の古名では「冬葱」「比止毛之」「祢木」とされ、「き(紀)」ともいう。別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言う。ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれる。「擬宝珠」は別科別属の植物「ギボウシ(ギボシ)」も表す。萌葱色は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことである。 英語ではWelsh onionと呼ばれることがあるが、本種は英国のウェールズ原産ではなく、ウェールズ料理で特に一般的に使われることもない。この場合の "Welsh" はドイツ語の "welsch" に由来し「外国の」という意味である。ウェールズで一般的な類似のネギ属の野菜で、国章にもなっているのは、リーキ A. ampeloprasumである。 日本では古くから味噌汁、冷奴、蕎麦、うどんなどの薬味として用いられる他、鍋料理に欠かせない食材の一つ。硫化アリルを成分とする特有の辛味と匂いを持つ。匂いが強いことから「葷」の一つ「禁葷食」ともされる。料理の脇役として扱われることが一般的だが、葉ネギはねぎ焼き、根深ネギはスープなどで主食材としても扱われる。ネギの茎は下にある根から上1cmまでで、そこから上全部は葉になる。よって食材に用いられる白い部分も青い部分も全て葉の部分である。 東日本では単に「ネギ」と言うと、成長とともに土を盛上げて陽に当てないようにして作った風味が強く太い根深ネギ(長葱・白ネギ)を指し、他は「ワケギ」「アサツキ」「万能ネギ」「九条葱」などの固有名で呼んで区別をする。西日本では陽に当てて作った細い葉ネギを「青ネギ」と言い、根深ネギは「白ネギ」「ネブカ」などと呼ぶ場合もある。こうした地域差は薄らぐ傾向にある。 (ja)
  • ネギ(葱、学名: Allium fistulosum)は、原産地を中国西部・中央アジアとする植物である。東アジアでは食用に栽培されており、日本では野菜の一つとして扱われている。クロンキスト体系ではユリ科とされていたが、APG植物分類体系ではヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属に分類される。種小名のfistulosumはラテン語で「中空の」という意味。 日本の古名では「冬葱」「比止毛之」「祢木」とされ、「き(紀)」ともいう。別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言う。ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれる。「擬宝珠」は別科別属の植物「ギボウシ(ギボシ)」も表す。萌葱色は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことである。 英語ではWelsh onionと呼ばれることがあるが、本種は英国のウェールズ原産ではなく、ウェールズ料理で特に一般的に使われることもない。この場合の "Welsh" はドイツ語の "welsch" に由来し「外国の」という意味である。ウェールズで一般的な類似のネギ属の野菜で、国章にもなっているのは、リーキ A. ampeloprasumである。 日本では古くから味噌汁、冷奴、蕎麦、うどんなどの薬味として用いられる他、鍋料理に欠かせない食材の一つ。硫化アリルを成分とする特有の辛味と匂いを持つ。匂いが強いことから「葷」の一つ「禁葷食」ともされる。料理の脇役として扱われることが一般的だが、葉ネギはねぎ焼き、根深ネギはスープなどで主食材としても扱われる。ネギの茎は下にある根から上1cmまでで、そこから上全部は葉になる。よって食材に用いられる白い部分も青い部分も全て葉の部分である。 東日本では単に「ネギ」と言うと、成長とともに土を盛上げて陽に当てないようにして作った風味が強く太い根深ネギ(長葱・白ネギ)を指し、他は「ワケギ」「アサツキ」「万能ネギ」「九条葱」などの固有名で呼んで区別をする。西日本では陽に当てて作った細い葉ネギを「青ネギ」と言い、根深ネギは「白ネギ」「ネブカ」などと呼ぶ場合もある。こうした地域差は薄らぐ傾向にある。 (ja)
dbo:class
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:division
dbo:family
dbo:genus
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:synonym
  • *
dbo:wikiPageID
  • 22951 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15691 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81118672 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 82 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 8.3
prop-ja:compounds
prop-ja:copperMg
  • 0.040000 (xsd:double)
prop-ja:drugName
  • ソウハク (ja)
  • ソウハク (ja)
prop-ja:fat
  • 0.1
prop-ja:fiber
  • 2.5
prop-ja:folateUg
  • 72 (xsd:integer)
prop-ja:ingredients
  • ネギ (ja)
  • ネギ (ja)
prop-ja:ironMg
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:kegg
  • E00347 (ja)
  • E00347 (ja)
prop-ja:kj
  • 143 (xsd:integer)
prop-ja:legalStatus
  • 規制は見つからない。 (ja)
  • 規制は見つからない。 (ja)
prop-ja:magnesiumMg
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.120000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • 根深ねぎ 葉 軟白 生 (ja)
  • 根深ねぎ 葉 軟白 生 (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.400000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。別名:長ねぎ 廃棄部位:株元及び緑葉部  (ja)
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。別名:長ねぎ 廃棄部位:株元及び緑葉部  (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 2.0
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 0.3
prop-ja:opt3n
prop-ja:opt3v
  • 2.2
prop-ja:opt4n
prop-ja:opt4v
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:pantothenicMg
  • 0.170000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.02
prop-ja:potassiumMg
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 1.4
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.040000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、経皮など (ja)
  • 経口、経皮など (ja)
prop-ja:satfat
  • 0.02
prop-ja:synonyms
  • 葱白 (ja)
  • 葱白 (ja)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.050000 (xsd:double)
prop-ja:type
  • environ (ja)
  • environ (ja)
prop-ja:vitaUg
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.120000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:viteMg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:vitkUg
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 89.6
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:シノニム
  • * * (ja)
  • * * (ja)
prop-ja:名称
  • ネギ(APG植物分類体系) (ja)
  • ネギ(APG植物分類体系) (ja)
prop-ja:和名
  • ネギ (ja)
  • ネギ (ja)
prop-ja:
  • ネギ属 (ja)
  • ネギ属 (ja)
prop-ja:画像
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ネギ (ja)
  • ネギ (ja)
prop-ja:
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
prop-ja:
  • キジカクシ目 (ja)
  • キジカクシ目 (ja)
prop-ja:
  • ヒガンバナ科 (ja)
  • ヒガンバナ科 (ja)
prop-ja:
  • ネギ (ja)
  • ネギ (ja)
prop-ja:綱階級なし
  • 単子葉類 (ja)
  • 単子葉類 (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
prop-ja:英名
  • Welsh onion (ja)
  • Welsh onion (ja)
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物 (ja)
  • 被子植物 (ja)
dc:description
  • ネギ
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ネギ(葱、学名: Allium fistulosum)は、原産地を中国西部・中央アジアとする植物である。東アジアでは食用に栽培されており、日本では野菜の一つとして扱われている。クロンキスト体系ではユリ科とされていたが、APG植物分類体系ではヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属に分類される。種小名のfistulosumはラテン語で「中空の」という意味。 日本の古名では「冬葱」「比止毛之」「祢木」とされ、「き(紀)」ともいう。別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言う。ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれる。「擬宝珠」は別科別属の植物「ギボウシ(ギボシ)」も表す。萌葱色は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことである。 英語ではWelsh onionと呼ばれることがあるが、本種は英国のウェールズ原産ではなく、ウェールズ料理で特に一般的に使われることもない。この場合の "Welsh" はドイツ語の "welsch" に由来し「外国の」という意味である。ウェールズで一般的な類似のネギ属の野菜で、国章にもなっているのは、リーキ A. ampeloprasumである。 (ja)
  • ネギ(葱、学名: Allium fistulosum)は、原産地を中国西部・中央アジアとする植物である。東アジアでは食用に栽培されており、日本では野菜の一つとして扱われている。クロンキスト体系ではユリ科とされていたが、APG植物分類体系ではヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属に分類される。種小名のfistulosumはラテン語で「中空の」という意味。 日本の古名では「冬葱」「比止毛之」「祢木」とされ、「き(紀)」ともいう。別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言う。ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれる。「擬宝珠」は別科別属の植物「ギボウシ(ギボシ)」も表す。萌葱色は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことである。 英語ではWelsh onionと呼ばれることがあるが、本種は英国のウェールズ原産ではなく、ウェールズ料理で特に一般的に使われることもない。この場合の "Welsh" はドイツ語の "welsch" に由来し「外国の」という意味である。ウェールズで一般的な類似のネギ属の野菜で、国章にもなっているのは、リーキ A. ampeloprasumである。 (ja)
rdfs:label
  • ネギ (ja)
  • ネギ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ネギ (ja)
  • Welsh onion (ja)
  • ネギ(APG植物分類体系) (ja)
  • ネギ (ja)
  • Welsh onion (ja)
  • ネギ(APG植物分類体系) (ja)
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:minorIngredient of
is foaf:primaryTopic of