Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネオ神智学(ネオしんちがく、Neo-Theosophy)は、1891年にブラヴァツキー夫人が亡くなった後でアニー・ベサントとチャールズ・ウェブスター・レッドビータ(リードビーターとも)が敷衍して説いた神智学的思想体系に対して、ブラヴァツキー夫人の追従者たちが使った呼称である。本来は侮蔑的な用語であった。その内容はブラヴァツキーがもともと提示したものといくつかの点で異なっていたが、世界中の神智学徒の大多数はこれを真に神智学的な教義として受け容れている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2505571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55551667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネオ神智学(ネオしんちがく、Neo-Theosophy)は、1891年にブラヴァツキー夫人が亡くなった後でアニー・ベサントとチャールズ・ウェブスター・レッドビータ(リードビーターとも)が敷衍して説いた神智学的思想体系に対して、ブラヴァツキー夫人の追従者たちが使った呼称である。本来は侮蔑的な用語であった。その内容はブラヴァツキーがもともと提示したものといくつかの点で異なっていたが、世界中の神智学徒の大多数はこれを真に神智学的な教義として受け容れている。
rdfs:label
  • ネオ神智学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of