Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネイピア デルティックは、英国製の対向ピストン型、バルブレス、過給型ユニフロー掃気、2ストロークディーゼルエンジンである。ネイピア・アンド・サンにより設計製作され、艦船および機関車のエンジンとして用いられた。シリンダー群は三つのブロックに分割され、三角形に配置されたおのおののブロックは、それぞれの頂点にクランク軸が位置する三角形の辺を形作る。デルティック(ギリシャ文字のデルタの形を意味している)という語は、デルティック E.130 対向ピストン型高速ディーゼルエンジンと、このエンジンを使用したイングリッシュ・エレクトリック製機関車の双方を指して使われている。これには評価機であるDELTICという名の機関車と、(TOPS)クラス55と呼ばれる英国国鉄向けの量産型があった。さらにまたクラス23と呼ばれるイングリッシュ・エレクトリック製 Type2 機関車でも、ハーフサイズのターボ過給器付きデルティックエンジン一基を特徴としていた。この機関車とエンジンのいずれも”ベビー・デルティック”としてよく知られるようになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3056180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57562307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネイピア デルティックは、英国製の対向ピストン型、バルブレス、過給型ユニフロー掃気、2ストロークディーゼルエンジンである。ネイピア・アンド・サンにより設計製作され、艦船および機関車のエンジンとして用いられた。シリンダー群は三つのブロックに分割され、三角形に配置されたおのおののブロックは、それぞれの頂点にクランク軸が位置する三角形の辺を形作る。デルティック(ギリシャ文字のデルタの形を意味している)という語は、デルティック E.130 対向ピストン型高速ディーゼルエンジンと、このエンジンを使用したイングリッシュ・エレクトリック製機関車の双方を指して使われている。これには評価機であるDELTICという名の機関車と、(TOPS)クラス55と呼ばれる英国国鉄向けの量産型があった。さらにまたクラス23と呼ばれるイングリッシュ・エレクトリック製 Type2 機関車でも、ハーフサイズのターボ過給器付きデルティックエンジン一基を特徴としていた。この機関車とエンジンのいずれも”ベビー・デルティック”としてよく知られるようになった。
rdfs:label
  • ネイピア デルティック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of