Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネイト(Neith, Ni, Ne, Neit)は、エジプト神話の初期の女神。ナイル川三角州西部にあるサイスの守護神としてそこで祀られており、エジプト第1王朝のころから信仰されていた。古代エジプト人はサイスをザウ(Zau)と呼んでいた。ネイトはまた、古代エジプト南部の町タ=セネト(Ta-senet)またはイウニト(Iunyt)の3柱の守護神の1つでもある。この町は今ではエスナ(アラビア語: إسنا‎)と呼ばれている。他にもラトポリス(Λατόπολις)、ポリス・ラトン(πόλις Λάτων)、ラトン (Λάττων)、ラト(Lato)と呼ばれており、ルクソールからナイル川を上流に55キロメートルほど遡った西岸にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2103767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58103148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネイト(Neith, Ni, Ne, Neit)は、エジプト神話の初期の女神。ナイル川三角州西部にあるサイスの守護神としてそこで祀られており、エジプト第1王朝のころから信仰されていた。古代エジプト人はサイスをザウ(Zau)と呼んでいた。ネイトはまた、古代エジプト南部の町タ=セネト(Ta-senet)またはイウニト(Iunyt)の3柱の守護神の1つでもある。この町は今ではエスナ(アラビア語: إسنا‎)と呼ばれている。他にもラトポリス(Λατόπολις)、ポリス・ラトン(πόλις Λάτων)、ラトン (Λάττων)、ラト(Lato)と呼ばれており、ルクソールからナイル川を上流に55キロメートルほど遡った西岸にある。
rdfs:label
  • ネイト (エジプト神話)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of