Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ネイト・オドムス(Nate Odomes、1965年8月25日 - )は、ジョージア州コロンバス出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはコーナーバック。NFLで1987年から1996年までプレイした。ウィスコンシン大学マディソン校を卒業後、1987年のNFLドラフト2巡目全体29位でバッファロー・ビルズに入団した。彼は1990年代初め、NFLを代表するディフェンスバックの1人としてビルズのスーパーボウル4年連続出場に貢献しプロボウルにも1992年、1993年選ばれた。「The Comeback」として知られている1993年1月3日のヒューストン・オイラーズとのプレイオフではウォーレン・ムーンのパスをインターセプトして決勝FGにつなげた。1993年にはシアトル・シーホークスのユージン・ロビンソンと並んでNFLトップの9インターセプトを記録し、第28回スーパーボウルでは第2Qにトロイ・エイクマンのパスをインターセプトし、ビルズはハーフタイムで13-6とリードしたが13-30と逆転負けを喫した。シーズン終了後、シアトル・シーホークスに移籍したが2シーズンを怪我で棒に振った。1996年にアトランタ・ファルコンズに移籍、そのシーズンで現役を引退した。8シーズンで26インターセプト(うちインターセプトリターンTD1回)、3サック、8ファンブルリカバー(うちファンブルリカバーTD2回)の成績を残している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1585172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47698126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dbf
  • ODOMENAT01
prop-ja:nfl
  • ODO383346
prop-ja:pfr
  • OdomNa00
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:○番目
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:ドラフト巡
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:プロ入り年度
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:ポジション
  • コーナーバック
prop-ja:出身地
  • ジョージア州コロンバス
prop-ja:初出場チーム
  • バッファロー・ビルズ
prop-ja:初出場年
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:大学
prop-ja:年度
  • 1996 (xsd:integer)
prop-ja:引退選手背番号
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:成績値
  • 26 (xsd:integer)
  • 115 (xsd:integer)
prop-ja:成績名
  • 出場試合数
  • インターセプト回数
prop-ja:欧文表記
  • Nate Odomes
prop-ja:生年月日
  • 1965-08-25 (xsd:date)
prop-ja:過去の所属チーム
  • * バッファロー・ビルズ(1987年-1993年) * シアトル・シーホークス(1994年-1995年) * アトランタ・ファルコンズ(1996年)
prop-ja:選手名
  • ネイト・オドムス
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ネイト・オドムス(Nate Odomes、1965年8月25日 - )は、ジョージア州コロンバス出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはコーナーバック。NFLで1987年から1996年までプレイした。ウィスコンシン大学マディソン校を卒業後、1987年のNFLドラフト2巡目全体29位でバッファロー・ビルズに入団した。彼は1990年代初め、NFLを代表するディフェンスバックの1人としてビルズのスーパーボウル4年連続出場に貢献しプロボウルにも1992年、1993年選ばれた。「The Comeback」として知られている1993年1月3日のヒューストン・オイラーズとのプレイオフではウォーレン・ムーンのパスをインターセプトして決勝FGにつなげた。1993年にはシアトル・シーホークスのユージン・ロビンソンと並んでNFLトップの9インターセプトを記録し、第28回スーパーボウルでは第2Qにトロイ・エイクマンのパスをインターセプトし、ビルズはハーフタイムで13-6とリードしたが13-30と逆転負けを喫した。シーズン終了後、シアトル・シーホークスに移籍したが2シーズンを怪我で棒に振った。1996年にアトランタ・ファルコンズに移籍、そのシーズンで現役を引退した。8シーズンで26インターセプト(うちインターセプトリターンTD1回)、3サック、8ファンブルリカバー(うちファンブルリカバーTD2回)の成績を残している。
rdfs:label
  • ネイト・オドムス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of