Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニーラゴンゴ山(ニーラゴンゴさん、英: Mount Nyiragongo)は、アフリカ中部、コンゴ民主共和国東境部にある活火山。アフリカ大地溝帯底部に並ぶエドワード湖とキブ湖の間にあるビルンガ山地に含まれ、山地の最高峰カリシンビ山(4,507m)の西に接する。頂部のカルデラと激しい活動をつづける火口内の半円形の溶岩湖で知られる。北には同じく活火山のニアムラギラ山(3,056m)が対峙している。マウンテンゴリラで有名なヴィルンガ国立公園に含まれる。1977年1月10日に噴火を起こし、大量の溶岩が麓の集落を飲み込んでおよそ61人が死亡した。また、2007年には観光に来ていた香港の女性一名が火口に転落して死亡している。
dbpedia-owl:address
  • ヴィルンガ国立公園内
dbpedia-owl:alpsGroup
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1384294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59046759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ニーラゴンゴ山
prop-ja:山系
prop-ja:所在地
prop-ja:最新噴火
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 3470 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ニーラゴンゴ山(ニーラゴンゴさん、英: Mount Nyiragongo)は、アフリカ中部、コンゴ民主共和国東境部にある活火山。アフリカ大地溝帯底部に並ぶエドワード湖とキブ湖の間にあるビルンガ山地に含まれ、山地の最高峰カリシンビ山(4,507m)の西に接する。頂部のカルデラと激しい活動をつづける火口内の半円形の溶岩湖で知られる。北には同じく活火山のニアムラギラ山(3,056m)が対峙している。マウンテンゴリラで有名なヴィルンガ国立公園に含まれる。1977年1月10日に噴火を起こし、大量の溶岩が麓の集落を飲み込んでおよそ61人が死亡した。また、2007年には観光に来ていた香港の女性一名が火口に転落して死亡している。
rdfs:label
  • ニーラゴンゴ山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ニーラゴンゴ山
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像 of
is foaf:primaryTopic of